2017年11月26日

西日本B−1グランプリin明石で高槻うどんギョーザ

人気ブログランキングに参加中!よろしければクリックを!人気ブログランキングへ

西日本B−1グランプリin明石で高槻うどんギョーザ

今日は西日本B−1グランプリin明石へ。動画はこちら。こんなに人が多いとは・・・もし高槻で開催するとしたら、どこがいいのか・・・



待ち時間が長くて、高槻うどんギョーザと出雲ぜんざいしか食べられませんでした。うどんギョーザの味は、以前よりも、うどん感が減り(つまり味のスカスカ感が減り)、スパイシーになっていて、今までで一番美味しかったです。


↓人気ブログランキングに参加中!
人気ブログランキングへ
クリックに感謝!

-
posted by 北岡隆浩 at 23:50| 大阪 ☁| Comment(0) | 高槻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

【救急活動公開請求訴訟】次回は来年2月14日。

人気ブログランキングに参加中!よろしければクリックを!人気ブログランキングへ

今日は大阪地方裁判所で、13時20分から、救急活動公開請求訴訟の第2回口頭弁論がありました。

次回は来年2月14日10時15分から。大阪地裁1007号法廷です。ぜひ傍聴にお越しください。


↓人気ブログランキングに参加中!
人気ブログランキングへ
クリックに感謝!

-
posted by 北岡隆浩 at 23:19| 大阪 ☔| Comment(0) | 高槻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

【高槻市バス売上金不明訴訟】次回は12月5日

人気ブログランキングに参加中!よろしければクリックを!人気ブログランキングへ

今日は大阪地方裁判所で、13時から高槻市バス売上金不明訴訟の弁論準備がありました。

次回は12月5日ですが、弁論準備のため、傍聴はできません。


↓人気ブログランキングに参加中!
人気ブログランキングへ
クリックに感謝!

-
posted by 北岡隆浩 at 19:29| 大阪 ☁| Comment(0) | 高槻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

【埋立訴訟上告審】最高裁でも敗訴

人気ブログランキングに参加中!よろしければクリックを!人気ブログランキングへ

最高裁判所調書(決定)

埋立訴訟については、高裁での敗訴後、最高裁へ上告受理申立てを行っておりましたが、11月16日付で受理しないとの決定がされました。

残念ながら敗訴確定です。

道路でも市有地でも、産業廃棄物や建設残土で、いつ、どの範囲を埋めたのか分からないくらい、大規模に埋め立てれば埋め立てるほど、責任を問われないという、何とも不可解な判例ができてしまいました。悪徳業者は大喜びすることでしょう。日本中の山地がこんなことにならないよう願うばかりです。


↓人気ブログランキングに参加中!
人気ブログランキングへ
クリックに感謝!

-
posted by 北岡隆浩 at 23:39| 大阪 ☀| Comment(0) | 高槻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

【高槻市交通部が労基法違反】研修の一部に是正勧告

人気ブログランキングに参加中!よろしければクリックを!人気ブログランキングへ

高槻市は未だに公表していませんが、また、労働基準監督署から、交通部が、労基法違反を認定され、是正勧告を受けました。

バス運転業務に関する研修の一部について、労働時間が特定されていないとして、「バス運転業務と研修の受講時間を合わせて1日8時間を超える部分については25%の割増賃金が発生する旨の是正勧告」があったとのこと。

やはり、平成28年度は、研修大失敗だったわけです。

それにしても、当時の交通部の部長も現在の管理者も、本庁の人事課長・人事室長といった要職を歴任するなど、人事畑が長かったにもかかわらず、なぜ労基法違反になるということが、事前に分からなかったのでしょうか?

以下は交通部の営業所に貼り出された通知の内容です。

事務連絡
平成29年11月10日

乗務員各位

総務課長

平成28年度中に受講した研修に係る時間外手当の支給について

 みだしのことについて、バス運転業務に係る研修については、平成28年度から年間所定労働時間内で実施しましたが、茨木労働基準監督署から、交通部の従来の方法(事前に研修日程を周知し、その日程の中から乗務員各自で選んで受講する方法)では、労働時間が特定されておらず、所定労働時間とは言えないとして、バス運転業務と研修の受講時間を合わせて1日8時間を超える部分については25%の割増賃金が発生する旨の是正勧告がありました。(平成28年度中のものに限る。1日8時間以上であっても事前に日時が特定されている研修分は非該当)
 つきましては、平成28年度中に受講した研修の内、当該割増賃金の該当分については、平成29年11月15日支給予定の給与(報酬)にて支給します。支払い金額等の詳細については、給与(報酬)支給時に個別に通知します。



↓人気ブログランキングに参加中!
人気ブログランキングへ
クリックに感謝!

-
posted by 北岡隆浩 at 20:52| 大阪 ☀| Comment(6) | 高槻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

【高槻市バス売上金不明訴訟】次回は11月20日

人気ブログランキングに参加中!よろしければクリックを!人気ブログランキングへ

今日は大阪地方裁判所で、15時30分から高槻市バス売上金不明訴訟の弁論準備がありました。

次回は11月20日ですが、弁論準備のため、傍聴はできません。


↓人気ブログランキングに参加中!
人気ブログランキングへ
クリックに感謝!

-
posted by 北岡隆浩 at 21:09| 大阪 ☁| Comment(0) | 高槻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

【駐車場訴訟】次回は来年1月19日

人気ブログランキングに参加中!よろしければクリックを!人気ブログランキングへ

本日11時30分から、大阪地方裁判所で、駐車場訴訟の弁論準備がありました。今回、準備書面等を用意していましたが、弁護士さんに代理人を急遽依頼したこともあり、陳述等を留保しました。

次回は来年1月19日となりましたが、弁論準備のため傍聴できません。


↓人気ブログランキングに参加中!
人気ブログランキングへ
クリックに感謝!

-
posted by 北岡隆浩 at 23:42| 大阪 ☔| Comment(0) | 高槻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

【遅刻救済訴訟】次回は来年1月26日に証人尋問

人気ブログランキングに参加中!よろしければクリックを!人気ブログランキングへ

本日は、大阪地方裁判所で、10時20分から遅刻救済訴訟の第14回口頭弁論がありました。

次回は来年1月26日14時から、証人尋問が行われます。大阪地裁806号法廷です。ぜひ傍聴にお越しください。


↓人気ブログランキングに参加中!
人気ブログランキングへ
クリックに感謝!

-
posted by 北岡隆浩 at 22:17| 大阪 ☁| Comment(1) | 高槻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

【行政視察】糸魚川市と長岡市へ

人気ブログランキングに参加中!よろしければクリックを!人気ブログランキングへ



平成29年11月1日と2日の2日間、高槻市議会・総務消防委員会の行政視察で糸魚川市と長岡市へ。動画にもまとめたのでよろしければご覧ください。

視察項目は、糸魚川市が「大規模火災に対する消防活動について」、長岡市が「災害時の中山間地における孤立集落対策について」。担当職員の皆様には大変お世話になりました。

糸魚川市では昨年12月、大規模な火災がありました。強風や、フェーン現象による湿度の低下(急に気温が上昇したために空気が乾燥)という気象上の不運が重なり、火元のラーメン店から100m以上離れた場所へも飛び火したため、広域で火災が発生。鎮火に30時間を要しました。

教訓としては、@とにかく火を出さない、A早い119番、B早い初期消火、C早い避難、D大火の伝承、とのこと。現在の建築基準法以前の木造住宅の多い密集地では、飛び火を防ぐことは難しい、つまり建物等のハード対策は困難なので、啓発等のソフト対策を充実させたいということでした。

また、自分たちの街の消防上の備えだけではなく、近隣自治体の消防組織や民間企業、自衛隊、警察等の協力も、大規模な災害の場合には必要不可欠なので、いざという時のために、普段から顔つなぎをしていることや合同訓練をすることも重要だそうです。

長岡市では、平成16年7月13日に新潟豪雨、同じく平成16年10月23日には新潟県中越大震災が。中山間地の孤立集落対策については、道路が寸断された場合には、支援物資等は自衛隊のヘリ等で空輸してもらうしかないとのこと。中山間地では、特に備蓄品を十分にしておくことが大事だと感じました。

災害対策本部会議室で説明を受けたのですが、そこでは、監視カメラで、河川や道路の状況がライブで把握できるようになっていました。その画像は一般市民もウェブで見ることができるようになっています。費用について尋ねると、カメラが1か所100万〜300万円、サーバーが数百万円、維持管理費が年300万円とのこと。豪雨時等に河川や道路の状況が分からずに、災害に巻き込まれてしまうケースもあるので、高槻市でも導入を検討してもよいのではないかと思います。

両市で共通して聞かれたのは、災害が起きても、市民の皆さんになかなか避難行動をとってもらえないこと。糸魚川市では、行政無線で避難した人は一人もおらず、制服を着た警察官や自衛官が戸別訪問をして、やっと避難してもらえたとのこと。長岡市の職員の方は、こうした心理状況を「正常性バイアス」とおっしゃっていましたが、行政側だけでなく、市民の皆さんの側も、災害時の心理状況を理解する必要があるのではないかと考えさせられました。


↓人気ブログランキングに参加中!
人気ブログランキングへ
クリックに感謝!

-
posted by 北岡隆浩 at 19:20| 大阪 ☀| Comment(0) | 高槻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする