2009年12月09日

【池田大作贈賞訴訟】次回は2月3日10時から

20091209123915.jpg

今日は、正午前に議会事務局へ行き、一般質問の通告をしてきました。12月議会の一般質問では、11月21日の報告会で報告させていただいた「高槻市営バス『透明バス』問題」についての質問をします。私の一般質問の順番は全体で13番目になったので、12月17日のお昼頃になりそうです。

また、13時15分からは、池田大作贈賞訴訟の第2回口頭弁論の法廷がありました。次回の第3回口頭弁論は2月3日10時から、1007号法廷です。次回も公開の法廷です。市民の皆様の傍聴をお待ちしております。


JR大阪駅から裁判所へ向かう途中、大阪駅前第4ビル近くの年末ジャンボ宝くじ特設売場で、3億円の現金が展示されていました。

私が議員になってから、約2年半で、高槻市バス「幽霊運転手」事件では約904万円を取り戻し、農協新築ビルに違法な2億5千万円の補助金を支給しようとした事件では住民訴訟を起こしてストップさせましたし、長年無償で厚生会館を占有していた連合高槻は退去させましたし、高槻市バス営業所のデタラメな行政財産の使用も改めさせましたし、有給職免訴訟では約272万円の勝訴判決を得ましたし、およそ3億円の税金・公金の無駄遣いを阻止できたのではないかと思います。

ただ、裁判では、違法な税金の支出が止められるだけで、すべての無駄遣いを止められるわけではありません。やはり、政治的な状況を変えない限りは、高槻市政の体質を根本的に改善することはできないのです。その点についても、今後考え行動していかねばならないと思っています。


↓人気ブログランキングに参加中!
人気ブログランキングへ
クリックに感謝!


※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player



↓人気ブログランキングに参加中!
人気ブログランキングへ
クリックに感謝!


-
posted by 北岡隆浩 at 22:15| 大阪 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | 高槻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
奥本市政と市議会がつるんで法を無視して市民の大金を垂れ流そうとしたいくつもの穴に対し、北岡議員が懸命に流れ出さないように、なんとか栓をしまくった。しかし北岡議員も一人で、市長、大方の議員を敵に回し、長年来開けられている全ての穴に栓をしていくのは、並大抵ではない。次回の選挙を勝ち抜いて、タッグを組めるような志高い新市長とともに、二人三脚で、腐った今の議会を蹴散らして市民のための市政をし全国の模範になってほしいと思っている。
Posted by まず市長をとっかえろ! at 2009年12月10日 01:49
今までの市政(政治)にはもうウンザリって感じです。
よくも今までデタラメなことを議会はスルーしていたものだと呆れかえります。
北岡議員にはこれからも頑張っていただきたいと思います。
Posted by H、H at 2009年12月10日 21:53
議員一人でかつてこれだけ市政の闇構造に切り込んだ議員がいただろうか。市民のために頑張り走り続けている北岡議員。高槻市民も市民隅々までその姿勢に気づいてほしいものだ。市民も無頓着ではいかん。本来市民の代表のはずの議員が、当選すれば特権階級と勘違いし偉そうに議員風をふかし市民そっちのけの行動を平気でする、そんな良識のない腐ったような議員を再び議員にしてのさばらさせてはいけないのだ。市民の一番の鉄槌は選挙だ!高槻市36万都市の運命をたったの36人の議員に委ねるのである。高槻市議会に北岡議員のような議員が主流なら高槻市議会の見識もまともである。北岡議員が異端児のように映っているようでは、高槻市議会の見識はまともに機能していない。北岡議員は高槻市議会のリトマス試験紙であり、また高槻市民がどれだけ成熟した市民であるかのリトマス試験紙でもある。北岡議員のような議員は半世紀は出現しないだろう。次の選挙では高槻市民も見識を試されることになる。
Posted by まさしく高槻市政の闇を切る北岡議員! at 2009年12月11日 00:27
古い体質をのうのうと続けている市長さんや市議会議員さんには辞めていただいて、新しい政権で市民目線の鏡張りの市政にしてください。
Posted by 政権交代 at 2009年12月11日 10:35
鏡張り。気持ちいい響きですね。高槻市も早く厚ぼったい暗雲を一掃し、ぬけるような青空になってほしいものです。鏡張りそれは市政を司るものの心構えの原点です。黒塗りしなければ情報を出せないような市政はだめです。これこそクロです。
Posted by 鏡張り。市政の原点だ。 at 2009年12月11日 12:38
議員の口利き採用がなぜ多いの?交通部は。
Posted by コネだらけ at 2009年12月11日 22:36
口利き以外のほうが珍しかったりして。いちど解体して仕切り直しますか?
Posted by 採用基準あるの?高槻市交通部! at 2009年12月12日 01:49
公式には採用試験は厳正にしていると言うが、実態は厳正は程遠い。採用試験の競争率は高い。でもフタを開ければ親子、兄弟、親戚。あちこちに。平気な顔して○○先生にお世話なったと言う者までいる始末。とくにある党絡みの採用が目立ってる。市民の方に実態を知ってほしいのは運転手採用とその裏にある先生たちの口利き。利権が絡んでるからこんなのが?という者が採用される。証拠は出さないが実態は口利き採用がほとんど。そんな複雑に絡み合った者たちが市バスを残せと言う。見苦しい。
Posted by 交通部の採用実態 at 2009年12月12日 09:36
近所にも親子揃って市バス運転手がいます。怪しいな。
Posted by 親子揃って市バス運転手。 at 2009年12月12日 16:50
宗教絡みの市議会のセンセー
あまりにも小さい利権ごとをやりすぎでっせ。
交通部はあなたたちの信者やおまへん!
Posted by P献金 at 2009年12月13日 01:05
市バスでは兄弟、親戚で揃って運転手もいます。
Posted by 兄弟、親戚も市バス at 2009年12月15日 22:53
長いものに巻かれて、上の言うことに従順にさえしていれば、居心地良く厚遇されているに違いない。交通部は一部の関係者の私有物ではないはずだ。高槻市言う「厳正なる審査」、全く信頼できない。
Posted by そんなに身内がいるとは。 at 2009年12月15日 23:58
公務員で居たい。公務員というステータスが欲しい。そのことが優先になってないか?市民の感覚からは外れてはしないか?
Posted by F.H at 2009年12月16日 20:15
創価学会
不気味な位
静かですね
Posted by P献金 at 2010年01月04日 23:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック