2010年03月05日

【有給職免】教育委員会も地裁判決どおりの支払い。ならば控訴を取り下げよ。

本日は10時から有給職免訴訟(教育委員会分)控訴審の第1回口頭弁論がありました。

2月2日の水道部局分2月17日の市長部局分と同様、大阪地裁判決に従った形で、労働組合・部落解放同盟の職員が給与分を返還し、教育長・総務課長が賠償金利息分を支払ったとのこと。

3つの裁判とも、実質的に負けを認めたのですから、高槻市側は、控訴を取り下げるべきです。高槻市のやり方は、住民の住民訴訟を妨害する卑劣な手段であり、住民訴訟制度を根幹から揺るがすもので、憤りを覚えます。

次回は4月23日(金)10時から、大阪高裁83号法廷となりました。ぜひ傍聴にお越しください。


↓人気ブログランキングに参加中!
人気ブログランキングへ
クリックに感謝!

posted by 北岡隆浩 at 23:59| 大阪 ☔| Comment(9) | TrackBack(0) | 高槻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
高槻市はズルい。
姑息なやり方を許したらいけない。
Posted by 市民 at 2010年03月06日 13:02
利息分?とはどういうこと?
Posted by 利息分? at 2010年03月06日 13:25
負けだと分かりながら、他に与える影響が恐いから控訴を取り消さないのと違う?
Posted by 恐い at 2010年03月06日 19:31
奥本指揮官以下白旗あげずともやがて皆玉砕!

「あやまって改めざる、これをあやまちという」論語より

「行為とは人がおのれの姿を写す鏡なり。」
ゲーテより

「良薬は口ににがけれども病に利あり。忠言は耳にさからえども行いに利あり。」
家語より

民より奥本指揮官へ

Posted by 玉砕への道! at 2010年03月06日 21:32
これが、高槻市の学校教育を統括する教育長のとる態度か?
己のとった行動、その姿小、中学生の前で堂々と語れるか!
小、中学生から尊敬されるような行いか!
小、中学生でも、なんで?と首をかしげる行動だ。
信用失墜の上塗りだ!
教育長のこの態度は高槻市学校教育にも非常に悪い影響がある。
教育委員長はじめとする教育委員も教育長の肩叩かんのか!
我関せずで見てみぬふりか?
万一そうなら高槻市教育行政、総崩れだ!
Posted by これが教育長の態度か!市民の声。 at 2010年03月07日 09:51
永年にわたる労使談合して市民を騙していた結果は裁判の判決のとおり。
Posted by 木元 at 2010年03月07日 14:29
次の市長選挙には当然にして、これまでの高槻市の中枢が行ってきた数々の「不正」を論点に挙げて市民に信を問うべきです。
本当の市民のための市政にしなければ高槻市もおしまいですね。
Posted by 日吉台のS at 2010年03月09日 19:30
不正が発覚しても、当事者を処分しない町なんだから、無法地帯でしょ
Posted by 市民より。 at 2010年03月09日 21:18
志高きY、Kコンビに高槻市の悪人どもを掃除してほしい。
Posted by 希望。 at 2010年03月09日 21:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142873934
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック