2010年04月22日

島本町民が高槻市との合併に反対した理由…府市町で協力を

20100422215155.jpg

本日16時05分から約25分間、大阪府庁で、橋下大阪府知事は、奥本高槻市長・川口島本町長と、広域行政運営と合併問題について会談しました。

★橋下府知事「合併しかない」…高槻市長、島本町長と会談
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20100422-OHT1T00326.htm

 大阪府の橋下徹知事は22日、広域行政運営で連携を模索する府北部の高槻市長、島本町長と府庁で会談した。会談後、橋下氏は記者団に「『合併しかない』と伝えた」と述べた。

 奥本務高槻市長と川口裕島本町長は、し尿やごみ処理などでの連携について話し合う「広域行政勉強会」への府のオブザーバー参加要請で訪問した。両市町では過去に合併協議が破談となった経緯があるが、橋下氏によると、合併提案に奥本氏は前向きだったが、川口氏は戸惑った様子だったという。

 中核市の高槻市は人口約36万人で、隣接の島本町は約3万人。橋下氏は「(自治体規模が)小さくてやっていけないときに『府に支援を』と言われても無理」と指摘。「川口町長には『政治家になってください』と伝えた。僕は必要なら住民に説明に行く」と、合併を支援する考えを示した。


そもそもは、島本町が、し尿処理施設が老朽化したことから、高槻市に支援を求めてきた話。ところが、それにとどまらず、合併の話にまでなってしまったわけです。島本町側としては計算違いだったかもしれません。ちなみに島本町のし尿処理施設・島本町衛生化学処理場は、高槻市東上牧3丁目にあり、昭和41年の設立です。

橋下知事は「合併しかない」としていますが、平成15年には多数の島本町民が反対したため、当時の町長が合併を断念したという経緯があります。

島本町民は当時、何故反対したのでしょうか?

今年の2月、高槻市と島本町が広域行政勉強会を再開したと聞いて、私はインターン生と島本町役場に赴き、平成15年に何故合併が断念されたのかを調べました。

20100212103948.jpg

上図のとおり、合併に賛成した町民は20.3%、反対は48.7%、どちらともいえない25.6%、わからない5.1%でした。

反対の理由は・・・

20100212105159.jpg

1.地域に即したきめ細かな行政サービスが期待できなくなる…71.3%、
2.地域の特性や個性を発揮することが難しくなると思われる…63.8%
3.大規模になると、住民の声が行政に反映しにくくなると思われる…53.5%
・・・
5.中心部と周辺部では公共施設の設置など、周辺部に不利になると思われるから…45.9%
・・・

といったものでした。こうした不安を払拭しないと賛成派は増えないと考えられます。

合併は、市町の規模からして、高槻市が存続する形で行われる可能性が高い。そうなると、町長は失職しますし、町議会議員も合併特例法(市町村の合併の特例等に関する法律)が今年3月で失効しているので失職することになります。

ですので、よほど町民が賛成して後押しをしない限り、町長や町議を合併へと動かすことはできないと思われます。

奥本市長は「し尿処理施設の課題だけでは、高槻市としては受け止められない」と、し尿処理施設を人質にとって合併を進めようとするような言い方をしていますが、合併しようというのなら、むしろし尿処理施設の支援をして、島本町民に歩み寄り、友好をアピールしたほうがよいのではないでしょうか?

隣人が困っているのに、こういうやり方で感情を逆なでしては、進むものも進まないと思います。

橋下知事も「合併するなら、し尿処理施設については大阪府も補助をする」くらい言ってほしいですね。

下記の産経新聞の報道によれば、高槻市側も「合併によって人口維持を図り、長期的な都市設計を進められる」というメリットを計算する声もあるとのこと。

大きな視点で全体の利益を考え、お互い歩み寄り、円満解決に向けて、府市町の三者で協力していくべきです。

★橋下知事の仲介、合併破談2市町が6年ぶり連携協議
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/100422/lcl1004221611003-n1.htm
2010.4.22 16:10

 「平成の大合併」に合わせて合併議論が進みながら、住民の反対で実現しなかった大阪府高槻市と島本町が、再び広域連携をテーマに本格協議を始める。合併破談から約6年、協議には、大阪府市の再編を掲げる橋下徹知事もコーディネーター役として参加。22日夕には橋下知事と奥本務高槻市長、川口裕島本町長が3首長会談を開き、協議の第一歩を踏み出す。

 高槻市と島本町では平成13年から合併協議を始め、両者で研究会を立ち上げるなどして道筋を模索してきた。しかし、島本町側で「合併すると住民サービスが低下する」といった反発が強まり、町が行った住民アンケートでは、反対が48%を占めたため、当時の村田匡町長が16年1月、合併を見送る判断をした。

 ところが、最近になって高槻市内にある島本町営の屎尿(しにょう)処理施設が老朽化しているにもかかわらず、財政難などから建て替えのめどが立たない問題が浮上し、市側に協力を要請。これに対し、奥本市長は「屎尿処理の受け入れということだけでは、市民の理解は得られない」とし、合併も含めた広域行政の検討を行うことになった。

 島本町の人口は約3万人で、高槻市は約35万人8千人。市によると、今後少子高齢化に伴う人口減少が進むため、20年後には市の人口が30万人を割り込み、75歳以上の比率が現在の約8.1%から23.5%前後に増加するという予測もあるという。

 一方、大阪都構想を掲げる橋下知事は、大阪市を中心とする都市部を20区に再編する計画を検討。その周辺地域については「30万人以上の自治体が望ましい」としており、両市町の動きと思いが合致した。

 協議の進展次第では、両市町の間で合併議論が再浮上する可能性もあるが、住民の反対で破談になった経緯があるだけに、協議はまず職員の勉強会からスタート。22日には、両市町が府側に対し、合併や広域行政について話し合う勉強会に府職員の参加を求める。

 税財政の優遇措置など国による「平成の大合併」の促進策は、今年3月で終了。全国の市町村数は、促進前の3232から1727にほぼ半減した。ただ、両市町の協議が合併の方向に進んでも、優遇措置の対象外となる。

 高槻市内部には「合併を行えば、財政的な負担が大きい」と否定的な意見がある半面、「合併によって人口維持を図り、長期的な都市設計を進められるメリットもある」と期待する声もあるといい、今後の協議の行方が注目される。



↓人気ブログランキングに参加中!
人気ブログランキングへ
クリックに感謝!


-
posted by 北岡隆浩 at 23:59| 大阪 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 高槻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
橋下知事は大阪府と大阪市の合併に意欲満々だ。
ただ高槻市と島本町の合併は府市とは同一視はできないと思う。

島本町がにっちもさっちもいかなくなれば話は別だが自力存続可能な間は、合併には後ろ向きになるだろうと思う。

それは島本町の歴史と特性、高槻市への信頼性に起因していると思う。

島本町にはサントリー山崎蒸留所がある。サントリーは良いウイスキーを造るため良い水を求め全国を探し回りこの地に辿り着いたと聞いたことがある。

島本町は水にこだわり水道の90%は自前である。10%を大阪府の浄化水を使っているらしい。それはできる限り維持したいだろう。

また人権に関しても全国で先駆的な町だ。合併してその意識レベルが果たして維持できるか不安だろう。

地勢的開発状況に関しても島本町は合併には敏感になるだろう。

高槻市と島本町の境界線に面する、高槻市側の淀の原町は市街化区域であり住宅地が境界線まで広がっている。境界線を挟んで島本町側の高浜1、高浜2とはかなり環境が違う。多分市街化調整区域なんだろう。合併した場合、島本町側の高浜町民は後の乱開発につながりかねない環境変化に不安があるだろう。

島本町駅北西部も、のどかな現状風景を残すべきだという考え方や開発もという考え方もあるらしい。
純粋に島本町民で将来像を決めていきたいだろう。
とりわけ合併は小さい方が大きい方に飲み込まれるのではという心配がある。

高槻市が余程信頼性に足る市なら島本町も慎重に検討ぐらいはするだろうが、
相手が今の高槻市では…。(土建がらみで逮捕されるような市議のいた市。その市議は奥本市長を推していた。)
奥本市政の間は島本町が慎重になることは賢明な判断であると思う。
今の高槻市政には安易に土足で踏み荒らされる可能性がある。

高槻市が合併を目指すとするなら、島本町の歴史、特性を深く勉強しそれを考慮にいれ、町民の民意を尊重することを基本に、その上でお互いにウインウインの関係になれるなら合併を推進したらいいと思う。

Posted by 島本町の歴史と特性。 at 2010年04月23日 09:01
島本町民の皆様。高槻市との合併について、一高槻市民の声を書きます。島本町民の皆様は高槻は魅力あるブランドの市と思われますか?思われるなら島本町民の皆様も合併を検討なさってみて下さい。高槻市民から見た高槻市行政に対する情報提供ですがご参考になさって下さい。現奥本務高槻市長は長年不正、癒着を増長させ高槻市の信頼性を著しくおとしめました。それは高槻市議会議員北岡隆浩氏の数多くの指摘で真実がよくわかります。島本町民の皆様も今の高槻市行政のえげつなさを知るとあ然とされるでしょう。付き合う気にもならないでしょう。ただ来年は市長選挙があります。高槻市に有能な吉田康人氏がおられます。来年吉田康人新市長が誕生したら高槻市もこれまでの膿を出し不正を断ち生まれ変わります。思慮深き吉田康人氏なら、両者のより良き将来像を共にじっくり考えてくれると思います。島本町民の皆様の弱みにつけ込み大が小を屈伏させるようなそんな手法は使いません。島本町民の皆様は、現市長の間は付き合わない方が無難と思います。橋下知事も合併推進ということでしたら高槻市長が変わり高槻市がまともに島本町民の皆様に向き合えるような体制になったらまた仲介に乗り出されたらいいと思います。今の高槻市行政の状況では高槻市民として「一緒にやりませんか」などと島本町民の皆様にとてもよういいません。あくまでも一高槻市民の目から見た考えですが。

島本町民の皆様へ。

高槻市民より。
Posted by 島本町民の皆様へ。 at 2010年04月23日 13:58
高槻市は人口およそ36万人、市議会議員36名。
島本町は人口およそ2万9千人に対し、町議会議員16名。

島本町は高槻市と比較して人口の割合はおよそ12分の1。

なのに議員数は高槻市と比較して2分の1弱。

島本町は高槻市と比較して人口比に対する議員の割合が非常に多いことがわかる。

仮に島本町議員を高槻市並みの人口比に換算すると3人でいいことになる。

高槻市と島本町が合併した場合人口はおよそ39万人。
その時の市議会議員の定数枠を39とした場合、順当に割ると
従来の高槻市から36名が当選し旧島本町からは3名だけの当選となる。
島本町の政治家が合併に後ろ向きなのは北岡氏のご指摘のとおりこんなところにも原因の一因があるかもしれない。
Posted by 議員数と人口比。 at 2010年04月24日 00:34
上の2つのコメントは島本町の市民派の方かな?
島本町がにっちもさっちも行かなくなったら余計高槻市としては要らなくなると思う。
今どのくらいの財政状況なのかよくわからないが、合併するなら早いほうが良いと思う。
借金を高槻に押しつけらるのは困るが、島本町にはたくさんの友人が住んでいるし、できれば助けてあげて欲しい。
Posted by コーデック444 at 2010年05月01日 21:36
島本町はし尿処理施設の併用を申し出ているだけ。
この機に乗じて合併を持ち出し島本町を飲み込もうとしているのは高槻市の方。

島本町長はそこまでは考えてなかったのではないか。合併には後ろ向きだ。
嫌な相手に無理やり合併を持ち出すのはおせっかいというもの。

もし財政が苦しくてしようがないなら、こんなに多くの町会議員からまず大幅に減らして汗して努力するだろう。

まず最大限スリム化してそれでも無理ならば、その後島本町から高槻市の方に合併の要請がくるだろう。

今はあくまでも、し尿処理施設のみ便乗させてほしいということなのでしょう。

島本町の人口比に対する議員の定数比率を高槻市に当てはめると高槻市の市会議員定数は36人→200人ぐらいとなります。
島本町はこんな大盤振る舞いでぬくぬくやっているわけです。

これでは話にならんでしょう。

島本町が財政難がどうか詳細まではしりませんが、財布の紐は相当緩いわけです。

サントリーがついているから実は左うちわだったりして。

合併したら案外助けられるのは高槻市のほうかもしれない。

現段階で高槻市が島本町を助けるなどという上から目線の発想はやめたほうがいい。

誇り高き島本町長、町民に誠に失礼にあたる。

島本町長は高槻市に島本町の魂まで買ってくれとはまだいっていない。

島本町長をはじめ島本町町民の多くの民意がうねりとなり、高槻市に吸収合併してほしいと懇願し意思表示した時、その時こそ高槻市は余力があれば真摯に手を差し伸べればよいのである。

これが島本町民の望む真意だろう。

そして高槻市の取る態度だと思う。

し尿処理施設の併用に関しては、高槻市、島本町、双方の民意を勘案し、高槻市も検討チームぐらいを立ち上げてもいいのではないかと思う。

Posted by 機は熟していない。 at 2010年05月02日 01:03
元島本町民からの意見です。わたしは高槻とは合併してほしくありません。島本町の歴史、文化も高槻に吸収され、環境が悪くなることが否めません。高槻の市長が変わるのかどうかわかりませんが本当にし尿処理場の問題だけなら税金を高くしてでも島本町を守ったほうがいいと思います。
Posted by yuzu at 2011年03月13日 11:58
 高槻市民でもなく島本町民でもありませんが、どちらも非常に近いところに住んでいる住民です。近くから見ていて島本町ってとても変な人たちの塊だなと思います。何かにつけ付近の市町村に対して環境が悪いだの治安が悪いだの、悪口をさんざん言うくせに、自分たちの排泄物もまともに処理できないって行政として恥ずかしくないですか?
 だいたい合併したら行政サービスが悪くなるとかいうけど、普段の生活していて市役所に行く機会なんて年に何回ありますか?上下水道とごみの問題さえなければ普段はお世話になることなんてほとんどないでしょう。
 高槻に飲み込まれると思うなら、合併後に島本町でも副都心を作ればいいことじゃないですか?近隣の都市でもそのようなところはあるじゃないですか?そんな努力もしようとしないで、ただただ反対っていうのは愚の骨頂ですよ。
Posted by 付近の住民 at 2011年04月14日 00:09
島本町は住宅開発が進み若い世代の住人が増えてきたが、それに見合う子育て支援が追いついてないと思います。保育園も足りないし病児保育施設すらない
年配の方は、合併反対だろうけど若年層はおそらく
賛成多数だと思います。
もう一度アンケートとってほしいです。
Posted by 島本町民 at 2015年06月11日 17:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック