2010年07月24日

戦国時代の堀跡・江戸時代の不明門跡…高槻城発掘調査現地公開

本日、高槻城の二ノ丸跡の発掘調査現場が公開されたので行ってきました。以下はそのまとめの動画(ユーチューブ)です。



今回の調査で...
・キリシタン大名で築城の名手・高山右近が戦国時代に築いた高槻城の堀跡を検出。
江戸時代の高槻城については、高槻城絵図に記載されている二ノ丸不明門(あかずのもん)の正確な位置が初めて判明。
・不明門の石垣基底部や内堀の底部、導水施設などの遺構が確認されたことにより、詳細が明らかでない御殿の概況を知る手掛かりを得た

とのことです。

今回の発掘調査の件については新聞各紙等にも取り上げられました。

【読売新聞】戦国期の堀跡確認 高山右近築城、全貌解明へ前進
【産経新聞】高槻城跡「不明門」の基礎確認 市教委「成立過程知る上で意義」
【朝日新聞】絵図に描かれた通りの場所から城門遺構が!
【毎日新聞】高槻城跡:高山右近が開削、戦国期の堀確認−−発掘調査 /大阪
【毎日放送】戦国時代の堀など発見〜大阪・高槻城跡

map2.jpg

20100724094411.jpg

20100724095204.jpg

20100724095532.jpg

20100724100656.jpg

20100724213508.jpg

20100724213646.jpg

20100724213735.jpg

20100724213758.jpg

20100724213825.jpg

20100724213844.jpg


↓人気ブログランキングに参加中!
人気ブログランキングへ
クリックに感謝!


-
posted by 北岡隆浩 at 23:59| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 高槻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック