2010年11月22日

【情報公開請求訴訟】控訴審の第1回口頭弁論は12月22日

「ヤミ手当」と労働組合幹部への便宜供与の実態が明らかになるであろう「時間外命令簿」の開示を求めて裁判を起こし、弁護士さんなしの本人訴訟で争い、大阪地裁で全面勝訴した事件についてですが、高槻市は、この判決を不服として、9月29日に大阪高等裁判所へ控訴しました。

先日、大阪高裁から連絡があり、控訴審の第1回口頭弁論の記事tが、12月22日13時15分からとなりました。場所は、大阪高裁73号法廷です。

ぜひ傍聴にお越しください。

以下は、私が提出した控訴答弁書です(一部改変しています)。

平成22年(行コ)第152号 公文書部分公開決定処分取消請求控訴事件
控訴人  高槻市
被控訴人 北岡隆浩

控訴答弁書

第1 控訴状に対する答弁

1 本件控訴を棄却する。
2 控訴費用は控訴人の負担とする。
との判決を求める。

第2 控訴理由書に対する答弁

被控訴人の主張に反する主張はすべて争う。

第3 被控訴人の反論

1 控訴人控訴理由書「第2 原判決の誤り」中、1について

控訴人は、原判決は、最高裁平成15年11月11日判決の趣旨に反すると主張するが、同判決は、公文書中の「給料表の種類」欄及び「級・号給」欄に係る部分を非公開とすべきとしているだけであり、本件とは事例を異にしているから、控訴人の主張は失当と言わざるを得ない。

なお、同判決における「・・・公務員の職務の遂行に関する情報は,公務員個人の社会的活動としての側面を有するが,公務員個人の私事に関する情報が含まれる場合を除き,公務員個人が同号にいう『個人』に当たることを理由に同号の非公開情報に当たるとはいえないものと解するのが相当である。」との論旨からすれば、原審の判断は妥当である。

2 控訴人控訴理由書「第2 原判決の誤り」中、2について

控訴人は、「乙2にあるとおり・・・収入額は正確に計算でき」るとするが、正確に計算できないことは、被控訴人(原告)平成22年3月11日付け準備書面2及び同平成22年6月26日付け準備書面3のとおりである。

すなわち、勤務割出表(甲9)においては「休暇種別」や「休日・有休」「夏休」「特有」「代休」「病欠」」「半休」「早退」「遅刻」「その他」等の欄が黒塗りにされ非開示となっており、職員が有給あるいは無給の休暇等をどれだけ取得したのか不明であるから(例えば、育児休暇や介護休暇は給与が支給されないし、病欠は3か月を超えると無給になる。)、正確な報酬額を算出することはできない。仮にこれらの休暇がない場合でも、乙10の6頁「4 実際に支払われた額との差異」に記載のとおり、実際に支払われた額と試算との間に、差異があることを、総務課長自らが認めている。つまり、正確な報酬額は、理想的なモデルで試算をしても、不明であるといわざるをえないのである。そもそも、職員のうちの誰が、非常勤職員なのかが分からないのであるから、報酬額は計算できない。仮に、上記の情報がそろったとしても、素人が給与計算を行うには、相当な知識と労力を要する。

したがって、この点については、控訴人の主張も、原判決も、失当である。

3 控訴人控訴理由書「第2 原判決の誤り」中、3について

控訴人は、「原判決の最も重大な誤り」として、非常勤職員の間においても、時間外勤務等の多寡の影響により収入にバラツキがあり、「個々人の収入差は大きく、個人にとっては常勤職員と同様重大な個人情報であるので、万一、これが公開されるとなると権利利益が害されることは明白」とする。

しかし、収入のバラツキの差が大きいのであれば、控訴人の主張とは逆に、個々人の収入については、推知が困難になる(そもそも前項のとおり、正確に計算はできないのであるが)。

被控訴人が仄聞するところによれば、むしろ、このように、基本の給料の額が同一である非常勤職員間で、時間外手当等によって、大きな収入差がついていることに関して、不満をもつ職員が多いとのことである。当局お気に入りの非常勤職員には多くの残業が付けられ、気に入られない職員は残業が削られる。そうした差別的な待遇による非常勤職員間の収入格差が、この情報を公開することで明らかになる。

そして、ヤミ手当の実態も明らかになるのである。すなわち、高槻市においては、実労働時間制(拘束時間から休憩時間を除いた時間を給与の支給対象時間とするもの)がとられており、これは、時間外勤務についても同じで、控訴人も、昨年の3月議会及び5月議会で、時間外勤務においても実労働時間制である旨答弁したが(甲5及び6)、実際は、控訴人は、時間外勤務の休憩時間についても、無用な時間外勤務命令を行い、給与条例主義に反する時間外勤務手当等の手当、いわゆる「ヤミ手当」を支給してきたのである(甲7)。この具体的な実態も明らかとなる。

控訴人は、非常勤職員の立場に立ったような、もっともらしいことを主張するが、自らの違法不当な行為を隠蔽するために、当該情報を隠したいだけだとしか考えられない。

4 控訴人控訴理由書「第2 原判決の誤り」中、4について

高槻市交通部に関しては、平成19年に、「幽霊運転手」事件として大きく報道された問題があった。これは、実際に勤務した職員と、公文書上に記載された職員名とが異なっていたものであり、勤務実態のない職員に対して給与を支給していた事件である(この事件の真相は、労組のヤミ専従隠しに当局が加担していたものであった。高槻市はこれを、被控訴人が情報公開請求した公文書を改ざんすることで、隠蔽を図った。)。

このように、高槻市では、公文書によっては、勤務者名が異なっている可能性があり、既に別の公文書で職員氏名を開示しているからといって、他の公文書では開示しないとなると、「幽霊運転手」行為等について、住民が監視をすることができなくなり、公益性を損なうおそれがある。

5 控訴人控訴理由書「第3 結語」について

控訴人は縷々主張するが、以上のとおり、理由がない。

時間外勤務の情報が開示されなければ、どの職員が、いつ、どれだけ残業したのかが、住民の目に届かなくなってしまい、「カラ残業」「幽霊運転手」「ヤミ手当」「労組役員への利益供与」等がされたときに、住民がチェックできなくなる。行政の思うままに残業がつけられ、無駄な公金が支出され、それによって職員らが私腹を肥やすおそれが出てくるのである。

したがって、職員の時間外勤務の情報を開示することは、公益性が大なのであり、原判決は維持されるべきである。

以 上



↓人気ブログランキングに参加中!
人気ブログランキングへ
クリックに感謝!


-
posted by 北岡隆浩 at 14:02| 大阪 ☁| Comment(17) | TrackBack(0) | 高槻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
高槻市バスよ
労使蜜月で歪んだ市民不在の運営が暴かれようとして控訴で無駄な抵抗か
そんなことで市民のために税金を投じてバスが公営でやる価値があるのか
やっていること指摘されていること真摯に受け止めて善処しなければ民営化されてやむなし
Posted by 河井 at 2010年11月23日 22:58
北岡氏の主張は当然すぎる程当然だ。
黒塗りの中にこそ、悪の構図が潜んでいるはずだ。

市が情報開示を拒んでどうする。
市営バスが市民のためのものならむしろ積極的に疑惑を受けたことには情報開示し説明責任を果たすべきだ。
むしろ市バス運営に対する理解を深めてもらうよい機会なのである。
情報開示をこれだけ嫌がるということは、この砦の門を開けると、えらいことになるからではないか!
市営バスがだれのためのものか!

奥本務よ!

36万市民に弓引くようなことをなぜする!

市民は控訴など望んでいない。望んでいるのは情報開示と説明責任だ。
高槻市営バスの経営実態を正直に早く説明しろ。

なぜそれを拒むんだ?

Posted by 北岡氏の主張至極当然 at 2010年11月24日 11:14
市バス(労働組合)は市長選挙の貴重な運動員のため、奥本派(市役所党)は黒塗りを死守したいまで。
Posted by 運動員だから at 2010年11月24日 12:52
次の高槻市長選挙、市バス(労働組合)は誰をかつぐんだ!
市バス(労働組合)にかついでもらうような候補者は誰だ!
市バス(労働組合)とつるんだ候補者なんか市民はノーだ。 まっぴらごめんだ。
Posted by 次の高槻市長選挙は? at 2010年11月24日 21:53
市バス?ああ・・・、それはお決まりですね。奥本市長の後継とされるH候補者ですよ。
もう時間の問題です。周囲に発表するのはタイミングだけですよ(笑)
Posted by Mの組合員 at 2010年11月24日 22:37
寒くなってきましたね。

「雪」の童謡メロディーでお歌い下さい。

「黒塗りのうた」

ゆ-きはおんせん 出-張温泉
ぬ-っても 塗-っても ま-だ塗りやめぬ
悪はよろこび さ-けのみまわり
あ-とは黒塗り 知らん-顔。


情報公開の時代ですよ。流れに逆行していませんか?高槻市長さん。

Posted by 黒塗りの裏では〜 at 2010年11月24日 23:03
お仲間同士で融通して市民不在の便宜供与
こういう闇は明らかにさせて改めさせるべき
Posted by としお at 2010年11月25日 10:02
労組の闇専従まだやってるの?
Posted by 闇専従? at 2010年11月25日 13:04
全く懲りていないようです。高槻市交通部は黒塗りして隠蔽を図り、市民の知る権利を踏みにじっています。控訴したところで判決は同じように開示命令が出ることでしょう。時間稼ぎしても無駄です。常識的に北岡議員の主張は正しいまでです。
Posted by 懲りない役人 at 2010年11月25日 17:00
民営化でいいと思います。コソコソ隠されて市民は馬鹿にされている感じがしてなりません。
Posted by 要りません at 2010年11月26日 19:35
闇手当てお手盛り税金の無駄使い勝手し放題の市民無視ばれるから真っ黒け
Posted by 税金でお手盛り at 2010年11月26日 20:10
結局のところ悪いことをしているから隠すのではないでしょうか?市民はみんながみんな、市バスを必要としてません。不良企業は消えるのみです。
Posted by 消えるのみ at 2010年12月01日 11:48
不要な便宜供与が明るみになることを恐れた結果が「黒塗り公開」なんでしょう。
便宜供与の実態を早く暴いてください。
北岡議員の完全勝利をお祈りしてます。
Posted by 大冠町H,S at 2010年12月01日 19:32
高槻市バス
不正やりほうだい
もう高槻市には
不要だ
民営化して世間知らずの
職員に厳しさを与えたまえ
Posted by 不要の産物 at 2010年12月03日 18:43
市長は控訴してただ時間を無駄にしようとしているだけではないのか?
いたずらに控訴しても判決は変わらない。
情報公開は市民の知る権利だ。無駄な抵抗はやめるべき。
Posted by 寿町在住16年市民 at 2010年12月04日 14:00
甘い汁を吸いすぎて市民感覚が麻痺していませんか?
Posted by 甘い汁 at 2010年12月10日 18:45
吉田さんが市長になれば、黒塗りもすっきりと明らかにしてくれるでしょう。あと4カ月。
Posted by 吉田さんになれば at 2010年12月12日 18:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック