2006年06月05日

大阪教職員組合の看板

image/kitaoka-2006-06-05T22:18:33-1.jpg
阪急高槻市駅と上牧駅の間の田んぼの中に、「憲法 日本 世界の 宝物 大阪教職員組合」と書かれた看板が突然現れたので驚いた。

私が組合員だったら怒る。どうしてこんな意味のない看板を組合費を使って立てるのかと。この看板は、誰に向かって何をPRするために立てられたのか。公務員がこういうことをしてもいいのか

そもそも教師にとっての「宝物」は、子ども達ではないのか。

憲法が改正されても、ずっと「憲法は日本と世界の宝物」と訴え続けてほしいもんだ。

押してみてねクリックに感謝!
posted by 北岡隆浩 at 22:18| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 高槻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック