2012年03月08日

【関大の土地】民間事業者の寄付はどれほど集まるのか?

関大の土地の購入費の残額7億0600万5千円

今更なぜ関西大学なのかと思われるかもしれませんが・・・でも、金額的には10億円6億円(訂正しました。理由は下に。)くらいの話なのです。

本日は、3月議会の3日目。条例案や一般会計予算の質疑があり、私もいくつか質問しました。

今議会では、南大冠小・松原小・清水小に学童保育室の2室目を設けるとか、高槻島本夜間休日応急診療所の土曜日の診療時間を午後3時からにするとか、子供の医療費の助成を小学校修了までにするとか、北大冠小学校や六中にエレベーターをつけるとか、良い提案もありますが、京大農場取得や労働組合への厚遇等に関しては問題だと考えております。

さて、関大に関する予算なのですが、新キャンパス(ミューズキャンパス)の土地の購入費の残額の7億0600万5千円が、予算に計上されていました。

関大の土地については、全体の約5割に当たるグラウンド部分について、「防災空間等の確保及び利活用」が図れるとして、高槻市が関大に無償提供しています。

その購入費は、約28億5600万円なのですが、21億5千万円は支払い済み。残りの約7億0600万を平成24年度に支払います。

けれども、以前の高槻市の説明では、「まちづくり協力金」という名称で、再開発に関係する事業者から寄付金を募り、用地買収にかかる費用を圧縮するということでした。

関大の土地

関大の土地取得の高槻市の負担額


寄付金の割合は、全体の約2割。約5割が関大、約5割が高槻市ですから、高槻市の負担額から見ると、約4割ということになります。

これを金額にすると、約28億5600万円の4割ですから、約11億4320万円。

申し訳ありません、訂正です。

(株)ジーエス・ユアサインターナショナルからの無償提供分が抜けていました。

高槻市取得の土地が8845平米なので、
そのうちの4割にあたる3538平米が民間からの寄付。

その寄付分のうち、(株)ジーエス・ユアサインターナショナルからの寄付が2045平米だから、
残りの1493平米が民間事業者からの協力金で賄う部分。

鑑定評価額が1平米あたり42万円だから、
1493平米×42万円=6億2706万円

という計算になりそうです。


今日の議会で、その「まちづくり協力金」がどれだけ集まったのか尋ねたのですが、民間事業者と「継続して協議」しており、詳細は未定とのことでした。

11億円6億円も本当に集まるのか?高槻市の財政負担を軽減するためにも、約束どおり、寄付金をしっかりと11億円6億円集めてほしいものです。


↓人気ブログランキングに参加中!
人気ブログランキングへ
クリックに感謝!


-
posted by 北岡隆浩 at 22:39| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 高槻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
民間から11億円もの寄付期待値?
今から集める気?
寄付は集まってから、予算執行するもんじゃよ。

高槻市が土地提供している分、関大は市民利用にも門戸開放していると聞いていたけど、
関大は高槻市民も贅沢な学生食堂は使えるが、図書館利用は年間6000円ほど払わな、入らせてくれへん。たまの図書館利用にだれが6000円も払う?入りかけてやめたわ。
結局市民は使うな言うてるに等しい。
図書館を勉強部屋や憩いの場に思い、あまり長居をし占領し、学生諸君の邪魔はしてはいかんと思うけど、あの6000円には、この土地誰の土地やねんと言いたくなるね。
いっそのこと図書館には入館させないか、館内条件付きで無料解放するかにしてほしいものだ。
市民に図書館を解放しているように見せかけて、実質閉め出すやり方は、引っかかるものがある。後味悪い。
高槻市は、この件知っていて了承したんかいな。
市民としては改善を検討してほしいものだ。
どんな書籍が並んでいるか興味あるのに。
Posted by 首かしげる at 2012年03月09日 04:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック