2012年03月29日

校長「中抜け」事件

20120329203412.jpg

ある学校の校長が、勤務時間中にもかかわらず、勤務とは無関係な用件で、銀行等に行ったことが分かりました。勤務時間中に私用で職場をこっそり抜け出すことを「中抜け」と言いますが、まさか校長先生がそんなことをやるとは思いもよりませんでした。

この校長の無断欠勤が、昨年12月21日に判明し、教育委員会が事情聴取。今年の1月末に、私が担当課長に確認したところ、「しかるべき処分をする」旨おっしゃられていたのですが、2月末頃に、担当部長にこの件を訊いたところ、「校長は届け出を怠っていただけだ」と、校長をかばうような発言をしました。その後、担当課長に確認したところ、1月末のときとは態度が一変。無断欠勤と断じていたのに、その日については、校長からの有給休暇の届け出を承認したかのようなことを言いました。

「高槻市役所は相変わらずだな・・・」とがっかりしたのですが、校長等の教員は、府費負担職員といって、給与は大阪府から払われているので、大阪府のほうに働きかけてみようと思い立ちました。

先日、日本創新党の集会のお手伝いをした際、大阪維新の会の中野稔子府議を紹介していただいたので、この件を相談。また、大阪府監査委員に対して、無断欠勤分の住民監査請求をしました。

中野府議からその後連絡があり、府としては、校長を欠勤扱いするとのことでした。

校長の有給休暇については、校長自身が決裁権者とのこと。校長は、無断欠勤の数日後に自らの有休を決裁。しかし、規則からすれば、病気でもない限り、そんなことが認められるはずがありません。

昨日の高槻市議会本会議では、この校長の「中抜け」についても質問しました。以下がそのやりとりです。

住民監査請求のほうですが、4月13日に意見陳述の機会が設けられましたので、その場でさらに主張し、適切な監査結果が得られるよう、努力したいと思います。


<質問1>

校長が 「中抜け」した問題等について3点伺います。

(1)ある学校の校長が、昨年12月9日と12月16日に、勤務時間中にもかかわらず、勤務とは無関係な用件で、銀行等に行ったそうです。いわゆる「中抜け」です。この校長の無断欠勤が、12月21日に判明し、教育委員会が事情聴取を行いました。今年の1月末に、私が担当課長に確認したところ、「しかるべき処分をする」旨おっしゃられていたのですが、校長の処分はされたのでしょうか?あるいは処分がされる予定があるのでしょうか?お答えください。

(2)これらの日以外に、校長が「中抜け」を行った日はあるのでしょうか?

(3)2月末頃に、担当部長にこの件を訊いたところ、校長は届け出を怠っていただけだとおっしゃられました。先日、担当課長に聞いたところ、校長からの有給休暇の届け出を受け付けたとのことです。
 校長は、昨年12月9日と12月16日について有給休暇を取得する旨の届け出を、いつ行ったのでしょうか?
 また、その有給休暇の届け出は認められたのでしょうか?認められたのだとしたら、誰がそれを認めて、いつ決裁がされたのでしょうか?決裁権者と決裁の日付もお答えください。


<答弁1>

 校長が公務中に校外に出たことを把握した段階から服務監督権者として厳しく指導してまいりました。更に、理由も含めて大阪府教育委員会と協議を行ってまいりました。
 有休届けにつきましては、「高槻市立小学校及び中学校の管理運営に関する規則」に基づき校長が決裁権者となっており、処理は12月20日に行っております。
 なお、今回以外に公務中に校外に出たと言う事実はございません。


<質問2>

 校長に有給休暇を取得する意志があったのなら、同じ職場の職員が「校長はその日研修会に行ったはずだ」などとか言わないでしょうし、研修会を欠席するということを、事前に教育委員会に連絡したはずです。1月末に、担当課長から私が話を聞いた時も、無断欠席が判明したと言うだけで、有給休暇という言葉は一言もありませんでした。
 「高槻市職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例施行規則」では、年次有給休暇の承認を受けようとする職員は、あらかじめ任命権者に請求しなければならないとされています。病気その他やむを得ない事由があれば事後承認を求めることができるともされていますが、校長自身が決裁したのであれば、病気でもないし、事後承認はあり得ない話です。
 高槻市立小学校及び中学校の管理運営に関する規則5条2項では、異例な事項の処理については、あらかじめ教育委員会の承認を受けなければならないとされています。このような有休の取得は異例だと考えられますが、教育委員会はこうした有休の処理を承認したのでしょうか?お答えください。


<答弁2>

 先ほども申し上げましたように、校長が公務中に校外に出たことを把握した段階から服務監督権者として厳しく指導してまいりました。更に、理由も含めて大阪府教育委員会と協議を行ってまいりました。


<質問3>

 校長の異例な有休処理について、教育委員会は承認したのかと質問しているのに、まともに答えない。承認したのか、していないのか。承認したのか、していないのか、きっちりと答えて下さい。


<答弁3>(要旨。北岡のメモに基づくものなので誤りがあるかもしれません。)

有給休暇の処理については規則に基づき校長が決裁した。この件については大阪府教育委員会と協議を行ってきた。



↓人気ブログランキングに参加中!
人気ブログランキングへ
クリックに感謝!


-
posted by 北岡隆浩 at 21:48| 大阪 | Comment(4) | TrackBack(0) | 高槻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
校長が職場を抜け出す?

高槻にも田中防衛大臣のような司令官がおったのか!

Posted by 責任者が職場放棄? at 2012年04月07日 07:23
問題行動は中抜けだけではありません。要注意人物です。何故この人が今年度もいるのか?教育委員会の考えは理解不能です!子供達にも悪影響を及ぼしています。
Posted by 樫田小関係者 at 2012年04月08日 02:14
大きい声では言えませんが、この渦中の人物、元労組幹部だった人!?
Posted by 元!? at 2012年04月08日 21:00
こんなくだらない校長を雇うほど腐っているのか?
早く辞めさせるほうが教師の威厳が下がらなくていいぞ。
Posted by くだらない at 2012年04月13日 20:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/261071140
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック