2012年04月03日

【公用車不正使用訴訟】最高裁が上告棄却

20120403150925.jpg

高槻市の副市長ら4人の幹部が、京都の料亭へ行くのに、運転手付きの公用車を使用した事件。

大阪地裁では勝訴したのですが、高裁で逆転敗訴。上告しておりましたが、残念ながら最高裁が棄却。私の敗訴が確定しました。

敗訴はしましたが、裁判所の判断はおかしい。不当判決だと思います。

こんな判決が出てしまったら、これからも妙な公用車の使用がされてしまうおそれがあります。本当に問題のある判決です。


↓人気ブログランキングに参加中!
人気ブログランキングへ
クリックに感謝!


-
posted by 北岡隆浩 at 23:25| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 高槻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
市政は、法律にかからなければ、役人は何をしてもいいわけではない。

役人高官の行動には、市民目線、社会常識、が尺度あるべきだ。
裁判所はくぐりぬけても、こんなことをしていたら市民からの信頼性をなくすことになる。

最高裁の却下は、結果を良としたのではなく、高槻市民に選ばれた、高槻市長、高槻市議会に自ら自浄能力を託しただけだと思う。

高槻市長、高槻市議会も、今後はこのようなことがないよう、信頼性向上に努めてもらいたい。
Posted by 役人は市民目線を常識とせよ at 2012年04月07日 08:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック