2007年02月15日

高槻市の財政が健全なのは、奥本市長の公約違反のおかげ?

jissitukosaihihiritu.jpg

皆さんは、「実質公債費比率」という言葉をご存知でしょうか?

千葉県市川市発行の「広報いちかわ」によると、

●実質公債費比率とは?

 実質公債費比率は、公債費だけでなく、債務償還経費や、PFI事業経費、一部事務組合に対する負担金、公営企業会計に対する繰出金なども市の借金としてとらえ、この市の借金が標準財政規模に対してどのくらいの割合となっているかを見る比率です。

 18年度から地方債の発行が許可制から協議制となりますが、この指数が18%以上(18年度の場合)の地方公共団体は、これまでどおり地方債の発行に国の許可が必要になります。(説明の順を逆にしています)★


今までは含まれることの無かった水道事業や交通事業なども「実質公債費比率」の算定に含まれることになります。民間企業でいえば、子会社も含めた連結決算ベースでの借金の率になるかと思います。

私はこの「実質公債費比率」という言葉に出会ったとき、「高槻市は財政が健全だというけれど、実質公債費比率はどうなのだろう?」と疑問に思い、昨年5月に情報公開請求をしました。ところが、「総務省の算定基準がまだ定まらない」ということで、なかなか出していただけず、やっと昨年9月に出てきました。

18%以上だとまずいわけですが、市の職員の方は「8%です」とおっしゃられました。資料を見ると、3ヵ年の平均が「7.6」と書かれていました。私が市の職員なら、30代目前の頃「まだ29歳です。まだまだ20代ですよ」と強弁したように「7.6%です。まだ7%台ですよ!」と、小数第1位までしっかりと強調したと思います(笑)。市職員の方は、18%と比べればまだまだ余裕があるので、「8%」と平然とおっしゃったのでしょう。

いただいた資料には、写真の通り、7.6%と書かれていますが、高槻市のサイトを見てみると、

平成17年度決算について

(前略)
4 各種財政指標の状況(表3参照)
(中略)
(2)市債及び公債費比率等
17年度は臨時財政対策債を32億円など合計で43億6,700万円新たに借り入れましたが、72億200万円元金償還を行いましたので、年度末市債残高は前年度と比較して28億3,500万円減の607億円となったものです。また、公債費比率は臨時財政対策債、減税補てん債の元金償還のため、前年度に比べ0.2ポイント悪化して9.9%となっています。実質公債費比率は、地方債協議制度移行に伴い新たに導入された指標で、3ヵ年平均で7.7%となっています。(後略)★


と、7.7%となっていました。些細なことですが。

それよりも気になったのが、公債費比率です。高槻市は平成17年度で「9.9%」となっています。前出の「広報いちかわ」によると、

●公債費比率とは?
 市債の元金及び利子の毎年度の償還経費である公債費が、一般財源に対してどの程度占めるかを示す指標。財政の健全性を維持するためには10%を超えないことが望ましいと言われています。★


とされています。高槻市の「9.9%」は、果たして健全なのでしょうか?これについて市職員の方に訊けば、「9.9%です。まだ9%台ですよ!」と、0.1%の違いを強調されるかもしれませんが(笑)。

けれども、もし、奥本市長が公約どおり、サッカースタジアムを建設していたとしたら・・・平成17年8月に出された「都市型公園整備構想中間報告書」には、サッカースタジアムの建設費について、次のとおりとされています。

■都市型公園整備構想中間報告書(概要版)
(前略)

(6)経費事業費約250億円(スタジアム建設費:約100億円、用地費等:約150億円)が想定される。財源内訳は、国費約100億円、市費約150億円を想定。(後略)★


国から本当にこれだけの補助金が出されるのか。獲らぬ狸の何とやらかもしれませんが、この報告書どおりに「市費約150億円」を、市債で賄えば、年間予算が約2000億円の高槻市ですから、当然公債費比率は10%を優に超えるでしょう。

まあ、そもそも、この奥本市長のサッカースタジアムの公約は、最初からできないと分かっていた嘘公約なのは、以前に書いたとおりですが。

ちなみに今年度予算に、250億円や150億円などといった数字は表されていません。

高槻市-市のしくみ・市政-市の財政-平成18年度の予算状況

平成18年第1回市議会定例会で審議されていた平成18年度当初予算案が3月28日に可決されました。

予算額は、

一般会計   946億2,314万円(3.1%増)
特別会計 1,086億  341万円(1.2%増) で

総  額 2,032億2,655万円(2.1%増) となりました。★


やっぱり、サッカースタジアム建設など、不可能だということです。(ちなみにこのページの一番下の方の「公債費(12KB)」をクリックしても、「Not Found」。「公債費」を見せたくないのかな(笑)。)

高槻市の財政が健全なのは、奥本市長の「公約違反」のせい。公約どおりにサッカースタジアム建設すれば、「財政悪化」。・・・どっちに転んでも、奥本市長には、悪い評価を下さざるをえません。

押してみてねクリックに感謝!
posted by 北岡隆浩 at 20:03| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 高槻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
広報誌を拝見し、このHPを知りました。
サッカースタジアムだなんてとんでもない!と思っていたので、
公約が実現されないよう切に祈っていたのですが、
元々実現不可能だったのですね、、。
また折々にいろいろな記事を読ませていただきます。
 ところで、今城塚古墳は宮内庁の管轄でないので発掘調査が可能であり
今回の発見につながった、と新聞記事にありました。
 話は逸れますが、看護学校が建つ以前空き地に咲いていた
彼岸花はもう見ることが出来ないし、
土に還っていた落ち葉を毎日掃いておられる人の姿を見て、
なんだかなあと思ってしまいます。
 
Posted by おがた at 2007年03月23日 23:18
 ところで、今城塚古墳は宮内庁の管轄でないので発掘調査が可能であり
今回の発見につながった、と新聞記事にありました。
 話は逸れますが、看護学校が建つ以前空き地に咲いていた
彼岸花はもう見ることが出来ないし、
土に還っていた落ち葉を毎日掃いておられる人の姿を見て、
なんだかなあと思ってしまいます。
 
Posted by ogata at 2007年03月23日 23:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック