2013年10月23日

【生活保護費過払い訴訟】次回は12月20日

本日10時30分から、生活保護費過払い訴訟の口頭弁論が大阪地方裁判所でありました。

この裁判は、高槻市福祉事務所が、生活保護費の中の障害者加算の認定を83件で誤ってしまい、そのために余分に保護費を払ってしまったので、当時の福祉事務所長に賠償を求めているものですが、先日の高槻市議会で、このうち2件について、被保護者が自己破産を申し立て、その債権が裁判所に免責されたことから(パチンコにのめり込んで借金を重ねたことが原因なので免責は不当だと思いますが)、これに係る市の債権の放棄を行ったと、市から報告がありました。

その額は、32万2560円と48万3840円の計80万6400円。つまり、少なくともこの約80万円については、完全に回収することができなくなったわけですから、確定的に市の損害となったわけです。

この債権放棄についても、今日の法廷で主張しました。

次回は12月20日11時30分から大阪地裁860号法廷で口頭弁論です。ぜひ傍聴にお越しください。


↓人気ブログランキングに参加中!
人気ブログランキングへ
クリックに感謝!

-
posted by 北岡隆浩 at 21:47| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 高槻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック