2013年11月01日

山本太郎の天皇陛下への手紙の手交は、失敗か、成功か・・・

山本太郎がやったことは失敗だった。
本当に原発作業員の劣悪な労働環境を改善したければ、公の場で天皇陛下に手紙を渡し、しかも手紙の内容を公表するということはしてはいけなかった。

天皇は政治的な行為ができないし、政治的に利用することもできない(日本国憲法第4条:「天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。」)

とは言っても、被災地等様々な場所を慰問し、政府を背中で叱るような意味深長な発言をされることもある。

しかし、山本太郎の手紙の手交・公表のため、そうしたことがやりづらくなった。もしやれば、政治的な行為ではないのか、山本太郎の影響ではないかと言われ、非難されかねない。天皇陛下は、山本太郎のために、福島や原発のことに触れにくくなってしまった。

つまり、むしろ山本太郎の行為は、原発作業員にとってマイナスだといわざるをえない。

山本太郎は、手紙の内容を、個人的な信書として公表すべきではなかった。そうすれば政治的利用とは言われなかっただろうし、天皇陛下も、もしかすると、お言葉やご訪問の中で、山本太郎の手紙に配慮されたかもしれない。

もし、今後、天皇陛下が原発のことに触れなければ、山本太郎の支持者は、「天皇は冷たい」「天皇は原発作業員のことを何も考えていない」と非難するのだろうか。仮に、山本太郎の狙いが、そのように、天皇と国民との間に溝を作ることだったのだとすれば、山本太郎のやったことは、成功だったのかもしれない。


↓人気ブログランキングに参加中!
人気ブログランキングへ
クリックに感謝!

-

政治的利用という点については、手紙の内容を公表した時点でアウトだし、そもそも天皇は政治的行為ができないとされているのだから、そんな内容の手紙を渡すこと自体、国会議員としての見識に欠ける。渡すなら総理大臣の安倍首相でしょう。国会議員なのだから手紙なんか渡さなくても国会で質問し見解を質せばいいと思うんですけどね。
posted by 北岡隆浩 at 15:25| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/379118262
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック