2011年12月04日

史跡が農地でも地下遺構への影響はほとんどない

※パソコンの不調のためか、12月と1月のファイルが壊れたようなので、議事録から抜粋して掲載しております(平成27年4月10日)。

■平成23年 第5回定例会(第2日12月 2日)

○(北岡隆浩議員) 大きく2点、質問させていただきます。
 まず、1点目は、史跡嶋上郡衙跡附寺跡の史跡用地買い取りについてです。今後の史跡の整備や活用方法については、何か計画はあるんでしょうか。また、農地として使用されている部分がありますが、それによって遺構が傷んだりはしないんでしょうか、それぞれお答えください。
 次に、街路灯についてお聞きします。グリーンニューディール基金を今年度中に可能な限り執行するため、ほかの事業の減額分を活用して街路灯を水銀灯の物からLEDの物にかえていくということですが、現在、水銀灯とLEDの割合はどれだけで、今後どうしていく計画なのでしょうか。また、グリーンニューディール基金の残金は、今回の補正によってどれだけになる見込みなんでしょうか、それぞれお答えください。
 以上です。

○地域教育監(上田昌彦) 史跡嶋上郡衙跡附寺跡の用地買い上げに関してのご質問にお答えいたします。
 まず、今後の計画等につきましては、将来的に市民の皆さんの歴史学習や憩いの場となるような緑地を主体とした史跡公園として整備していく考えで、それまでの間は現状を基本に維持管理に努めてまいります。
 次に、農地につきましては、現状で農地として耕作されている限りでは、地下遺構の保存に及ぼす影響はほとんどございません。
 以上でございます。

○環境部長(上野和夫) 北岡議員の、グリーンニューディール基金についてのご質問ですが、内容が他部局にわたりますので、調整の上、私のほうからご答弁させていただきます。
 平成22年度末現在で、水銀灯は4,116灯、LED灯は375灯です。今後につきましては、補助金等の動向を注視しながら更新していきたいと考えております。
 また、高槻市グリーンニューディール基金につきましては、今回の補正により全額執行する予定となっております。
 以上です。

○(北岡隆浩議員) 1点だけお尋ねしますけれども、この史跡嶋上郡衙跡附寺跡を将来的には史跡公園として整備していくということなんですが、この史跡を防災公園にするということは可能なんでしょうか。お答えください。

○地域教育監(上田昌彦) 史跡嶋上郡衙跡附寺跡の用地買い上げに関する2回目のご質問にご答弁申し上げます。
 史跡につきましては、歴史的価値を明らかにして、後世に伝えていくことを求めておりますので、よろしくお願いいたします。
 以上でございます。

○(北岡隆浩議員) ご答弁ありがとうございます。
 ご答弁から、いわゆる防災公園を史跡嶋上郡衙跡附寺跡につくることはできない、不可能だと理解をいたしました。
 以上です。


↓人気ブログランキングに参加中!
人気ブログランキングへ
クリックに感謝!

-
posted by 北岡隆浩 at 23:59| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 高槻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック