2015年07月16日

【高槻市バス】遅刻3回で半日有給休暇取得のヤミ制度

人気ブログランキングに参加中!よろしければクリックを!人気ブログランキングへ

毎日放送VOICEで

本日、毎日放送「VOICE」で報道されたとおり、高槻市バスで、遅刻を3回すると、有給休暇を半日分取得したことになるヤミの制度があることが分かりました。

遅刻がやたらと多いバスの運転手がいると聞き、情報公開請求をしたところ「休暇届表」という公文書が公開されました。これを見てみると、平成26年度の1年間に、少なくとも10回は遅刻した運転士がいました。

休暇届表

これがその人の休暇届表なんですが、「遅刻・早退」の欄が5つしかないので、書き切れず、「祝休日」の欄の下から遅刻した日付の続きが記載される有様。時間に敏感でなければならないバスの運転士が、何故こんなにも遅刻をするのか・・・

休暇届表の「半休」の欄

それだけではなく、別のところには「半休」の欄があり、「遅刻3回分」とか「当日」と書いているものがありました。今日の議会で、これは何なのかと交通部に尋ねると・・・

 平成26年度は、遅刻3回で半日の有給休暇取得とする制度があったことから、遅刻は有給休暇として処理しておりました。
 半休欄の「遅刻3回分」と書かれているのは、そうした意味です。
 「当日」と書かれているのは、「当日に休暇申請した」という意味でございます。なお、半休は、有給でございます。


・・・といった答弁でした。

しかし、そんなルールは就業規則のどこにも書かれていません。ヤミのルールというわけです。一般企業でも、有給休暇は原則として事前に申請しなければなりませんし、こういうやり方は、明らかに規則違反です。

VOICEで報道されたとおり・・・

「過去からの制度をずっとやっていた、それだけだと思います。漫然とその制度を引き継いでいた」(高槻市交通部 関本剛司次長)
(中略)
(Qこの制度はおかしかったと?)「おかしいというかずっとやってきて見直しをしなかったのはどうかと…」
(Q誰も気付かなかった?)「わかりませんでした。知りませんでした」
(中略)
高槻市交通部は先月24日急遽この制度を廃止したとしていて、今後は1回目の遅刻から欠勤扱いにするとしていますが、いつからどのような理由で、この不思議な制度が始まったのか理由はわからないままです。


・・・ということで、いつからこのヤミ制度が始まったのか、気付かなかったのかと訊かれても、高槻市役所は「分からない」と言い逃れるばかり。この制度が廃止されたのは、私が情報公開請求してすぐ。バレるのを恐れたからなのでしょうけど、その対応の素早さからすると、この制度がマズいものだと以前から認識していたのではないかと思われます。

VOICEの調べでは・・・

市営バスを運行している大阪市では遅刻3回で1日の事故欠勤扱い。

京都市では遅刻1回目から欠勤1日扱いにするなど市営バスを運営している、ほかの自治体では遅刻した職員を欠勤や処分の対象にしています。


・・・高槻市では、今日の答弁からすると、実質的に、遅刻に関しては処分をしていなかったようです。1回・2回の遅刻はお咎めなし。3回遅刻しても、3回目に遅刻した日に半日分の有給休暇を取得したことにして、遅刻をチャラにする。このヤミ制度は、遅刻した職員を救済するための制度だったわけです。他の自治体では厳しい対処をしているのに。

最初は、遅刻が多い職員が名物運転士なんていいのかという声を聞いたので、遅刻の状況を調べただけだったんですが、まさかこうしたヤミの制度があるとは。こんな甘い制度があったから、平気で何度も遅刻できたんでしょうね。

ヤミ制度が明らかになった以上、しっかりと過去に遡って、遅刻の時間を正しくカウントし、有給休暇扱いを取り消して、減給と処分を行い、お金を返してもらうべきです。それだけではなく、このヤミの制度を維持してきた方、見逃してきた方も、責任をとるべきでしょう。

普通なら行政としてこういう当たり前のことをしなければならないはずですが、今日の交通部長の答弁からは反省の色が見えなかったような・・・高槻市役所が速やかにしっかりとした調査をしないのであれば、住民監査請求や住民訴訟を検討します。


↓人気ブログランキングに参加中!
人気ブログランキングへ
クリックに感謝!

-
posted by 北岡隆浩 at 23:58| 大阪 ☔| Comment(11) | TrackBack(0) | 高槻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
呆れます。時間に厳しいはずの交通関係の人が遅刻を繰り返して、そんないい加減な人を有給休暇で救済?あり得ません。
Posted by 市民 at 2015年07月17日 09:26
 不思議なのは、高槻市当局が「休暇への振り替え」を「罰則」と考えている点です。市民感覚からすれば、どう考えてもこれは「罰則」ではありませんね。遅参は遅参、賃金カットの対象です。

 特にサービス業は時間厳守が原則です。

 新幹線運転手は、15秒単位で遅延早着の報告をしなければなりません。

 また、民間のサービス業、特に運送業などは、24時間休みなく働かされ、有給休暇も取れない、残業も支給されないのが当たり前の時代になってしまいました。

 いくら慣行でも甘すぎる。

 市役所本庁職員の中には1時間近く早くから出勤している職員もいますよ。たぶん朝の超勤は出ていないはずです。
Posted by 市民A at 2015年07月17日 15:27
日頃の自己管理ができないような者が公務員気取りか?
遅刻を繰り返しても有給休暇?
役所ってところは本当に生ぬるい。
不良公務員なんか辞めてしまえ!首でよし!
Posted by 辞めてしまえ! at 2015年07月17日 16:08
「聞いた途端におかしいと思った」(高槻市民)
 
「民間では考えられない」(高槻市民)
 
「喜んで遅刻するかも」(高槻市民)
Posted by 市民の感想 at 2015年07月17日 22:58
名物運転手
遅刻の名物運転手だろ
Posted by 名物運転手 at 2015年07月18日 08:23
こういう「特権」が潜んでるっていうこと自体がお役所パラダイスって云われる原因になるのです。普通、民間企業なら、遅刻を連発する社員には給料カットやボーナスカット、更には停職なんかも課せられます。遅刻を連発しても3回ごとに有給休暇で済まされるなんて、、、高槻市民は市役所にどんどんクレームをつける方がよいですね。遅刻連発、モラルの問題ですか?規律に正しい公務員にはナンセンスな話ですね。
Posted by お役所パラダイス at 2015年07月18日 23:25
ビックリ!ほぼ月イチで遅刻を繰り返すだらしない運転手。遅刻を半休に振り替えてくれるという甘いシステムにより、遅刻の常態化を許すというだらしない交通局。時間にだらしない運転手がよく勤まるね。時間にだらしない運転手をよく雇うね。
Posted by 高槻市は甘い at 2015年07月20日 20:51
一年間に10回も遅刻を繰り返した運転手の遅刻をした理由が知りたい。どんな理由なのか。
Posted by 理由 at 2015年07月23日 20:21
遅刻を繰り返すのに処罰がないの?
気の毒だから有給休暇に振り替えてくれる?
遅刻しても守られるって凄い!
腐ってます。
Posted by 腐っても公務員 at 2015年07月24日 00:28
あ〜あ、名物運転士の立場が泣くよ
Posted by やっちゃん at 2015年07月24日 18:59
普通、遅刻は処分の対象です。それが遅刻する者を匿ってやると云わんばかりに有給休暇に振り替えとは。
市バスの上層部の考えは狂ってるとしか思えません。
Posted by 高槻市民N at 2015年07月25日 22:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/422484992
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック