2016年03月14日

【埋立訴訟】次回は5月20日に最終弁論

人気ブログランキングに参加中!よろしければクリックを!人気ブログランキングへ

今日は、大阪地方裁判所で、11時から埋立訴訟の弁論準備がありました。

今回、高槻市側から出された書面を見て、唖然としました。
hikokushucho.jpg
悪いことをする人だから、むしろ見逃すというのでしょうか?逮捕された当時に土地の境界を画定し、土砂の撤去を求め続ければよかったのではないのでしょうか。もし明け渡しが不可能だというのなら、それは高槻市の責任だと私は思います。

こういうケースこそ、きっちりとお金を請求すべきです。でないと、真面目に市有地使用の許可をとり、お金を納めている人が馬鹿を見ることになります。元検事の濱田市長は「正義と信頼」をキャッチコピーにしていましたが、この問題に対する市の対処に、正義など何も感じられません。

次回は5月20日10時15分から。大阪地裁1007号法廷で最終弁論です。


↓人気ブログランキングに参加中!
人気ブログランキングへ
クリックに感謝!

-
posted by 北岡隆浩 at 20:51| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 高槻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック