2017年06月23日

【第三セクター・高槻都市開発】議会で質問してもまともな答弁はなし

人気ブログランキングに参加中!よろしければクリックを!人気ブログランキングへ

高槻都市開発の貸借対照表の一部

今日の本会議で6月議会は終了。昨日は2つの外郭団体の決算について質問し、今日は一般質問で3点について質問しました。

高槻市の外郭団体の一つに、高槻都市開発株式会社という第三セクターがあります。昨日はこの会社の決算にについて質問しましたが、高槻市はまともな答弁をしませんでした。

上の図のとおり、貸借対照表には、ソフトウェア150万円、営業権400万円、出資金5万円とあったので、これらは何のためのものなのかと尋ねましたが、「本市は関知しておりません」との答弁。

決算書に書かれていることにすら何も答えてくれないのですが、そもそも、高槻都市開発の決算書には、他の外郭団体の決算書には存在している多くの費目がないのです。役職員の報酬・給料や福利厚生費についてすら書かれていません。

ほとんど何も答えないのなら、議会で審議する意味なんてあるんでしょうか?

高槻市は高槻都市開発の大株主で、高槻都市開発の役員のほとんどが高槻市役所のOB、代表取締役は前の副市長です。答えられないはずはありません。何か隠したいことがあるのでしょうか?

以下は昨日の議会でのやり取りです。原稿とメモに基づいているので不正確な部分もあることをご了承ください。また、これまでも何回か高槻都市開発の決算について質問しましたので、その議事録も載せておきます。やはり詳しいことはほとんど何も答弁されなかったのですが・・・

■高槻都市開発の決算

<1回目>

1.他の外郭団体の決算書には、福利厚生費と諸謝金という費目があったりしますが、高槻都市開発のものにはそれらがありません。高槻都市開発の福利厚生費と諸謝金は、それぞれどれだけなのでしょうか?

⇒ 福利厚生費と諸謝金につきましては、本市はお答えできる立場にございません。

2.役職員の報酬・給料・賃金についても、何も書かれていません。何故なのでしょうか?お答えください。

⇒ 事業報告書につきましては、高槻都市開発株式会社が責任をもって作成するものです。

3.5ページの賃借対照表に記載されている、ソフトウェア150万円、営業権400万円、出資金5万円は、それぞれ、何のためのものなのでしょうか?詳細をお答えください。

⇒ 目的等については、本市は関知しておりません。

4.損益計算書の販売管理費及び一般管理費の約1億5825万円の内訳をお答えください。

⇒ 内訳については、本市はお答えできる立場にございません。

5.委託費はどれだけだったのでしょうか?どこへ、何のために、何円払ったのでしょうか?すべてお答えください。

⇒ 委託については、JR高槻駅前広場の管理業務における警備関係、設備の保守関係、清掃関係、植栽関係等を委託しております。なお、委託費等については、本市はお答えできる立場にございません。

<2回目>

1.株主総会はいつ行われたのでしょうか?どういった発言があったのでしょうか?お答えください。

⇒ 株主総会は、6月26日に開催される予定です。

2.市が委託している業務はどういったものがあるのでしょうか?また、それぞれについては何円の委託料を払っているのでしょうか?お答えください。

⇒ JR高槻駅前広場の管理業務においては、6060万9千円の委託料を支払っています。

3.高槻都市開発が、市から委託された業務については、下請けがどこなのか、どこへ再委託しているのか、市として確認をしていないのでしょうか?お答えください。確認したのであれば、どこへ何円で下請けや再委託がされたのか、お答えください。

⇒ 再委託先については書面にて提出させ、承諾しております。なお、その金額については、本市は関知しておりません。

<3回目>

 高槻都市開発については、これまでも何回か質問しましたが、詳しいことはほとんど何も答えていただけない。
 他の外郭団体の決算書には存在している費目が、高槻都市開発の決算書には書かれていない。
 決算書に書かれているソフトウェア150万円、営業権400万円、出資金5万円についてすら、何のためのものか、まったく答えてもらえない。
 再委託も詳細をお答えいただけないので、その妥当性も分からない。
 ほとんど何も答えないのなら、議会でこの決算を審議する意味なんてあるんでしょうか?高槻市は高槻都市開発の大株主で、高槻都市開発の役員のほとんどが高槻市役所のOB、代表取締役は前の副市長です。なぜ質問に答えられないのでしょうか?隠しているのでしょうか?本当に知らないのでしょうか?
 本当に知らないのであれば、株主総会が、4日後の6月26日に行われるということなので、ぜひ先ほど質問したことを確認してください。1年後にまた質問させていただきますので、そのときにはちゃんと答えられるようにしておいてください。
 それから、貸借対照表と損益計算書の費目は、他の外郭団体と同じものにしてください。要望して質問を終わります。



■平成25年 第4回定例会(第3日 6月26日)

○(北岡隆浩議員) 各外郭団体に共通する質問を一括してさせていただきます。3点、伺います。
 1点目、決算書記載の役員について、現在の役員と違うものがあります。どのような理由で、いつ、誰から誰にかわったんでしょうか。
 2点目、役員に対する報酬の状況はどのようになっているのでしょうか。誰に幾ら払っているのでしょうか。
 3点目、市職員OBはどこに、どんな役職で、どれだけいて、それぞれの年収はどれだけなのでしょうか。お答えください。
○議長(藤田頼夫) ただいまの北岡隆浩議員の質問については、9団体同一の質問ということですので、一括して答弁してください。
○政策財政部長(乾 博) 北岡議員の外郭法人に関しますお尋ねにつきまして、一括してお答え申し上げます。
 まず、1点目の、役員の交代についてでございます。これにつきましては、辞任や任期満了等に伴いまして、新たに役員の選任がなされたところでございます。
 次に、2点目の、役員に対する報酬の状況についてでございますけども、役員個々人への支給額につきましては、個人情報に当たる部分もございますので、お答えいたしかねますが、役員報酬の総額につきましては、おのおのの決算書に記載してございますので、よろしくお願い申し上げます。
 次に、3点目の、本市を退職した職員の平成24年度末におきます就任状況でございます。これにつきましては、一部資料の漏れ落ち等があるかもわかりませんが、ご容赦願いたいと存じます。順次、申し上げます。
 まず、都市交流協会につきましては、専務理事兼事務局長1名でございます。
 次に、土地開発公社につきましては、監事1名でございます。
 その次、高槻都市開発株式会社につきましては、取締役5名、監査役2名及びマネジャー1名でございます。
 次に、シルバー人材センターにつきましては、理事長1名、それから常務理事兼部長代理級1名でございます。
 次に、社会福祉事業団につきましては、理事長1名、課長級及び副主幹級に各1名でございます。
 社会福祉協議会につきましては、会長1名、常務理事1名、副主幹級1名、主査級1名でございます。
 三島救急医療センターにつきましては、市職員OBは就任してございません。
 次に、文化振興事業団につきましては、専務理事1名、副主幹級1名、主査級1名でございます。
 次に、みどりとスポーツ振興事業団につきましては、理事長1名、常務理事兼事務局長1名、主幹級1名、副主幹級1名、主査級2名、一般職11名でございます。
 なお、個々人の年収につきましては、個人情報に当たる部分もございますので、お答えいたしかねます。
 以上でございます。
○(北岡隆浩議員) 事前にいただいている答弁原稿とは全く違いますし、ましてや具体的なお名前とかも全然いただけないので、大変残念な答弁なんですけれども、さらに2点、質問させていただきます。
 中小路元財務部長は、シルバー人材センターの理事長から、高槻都市開発の代表取締役に就任されたようですが、こういうふうに外郭団体から別の外郭団体へ渡り歩いている市職員OBの方はどれだけいるのでしょうか。
 また、退職金は誰にどれだけの額を払われたのでしょうか。
 それぞれお答えください。
○政策財政部長(乾 博) 次のお尋ねにつきまして、お答え申し上げます。
 外郭団体から外郭団体へ移った、本市を退職した市職員OBでございますけれども、正確には調査できておりませんが、そういう事例につきましては、ご質問のございました中小路元財務部長、その例以外にはないと考えております。
 次に、退職金でございますが、本市の外郭団体につきましては、役員の退職金制度はございません。したがいまして、退職金については支払っておりませんので、よろしくお願い申し上げます。
○(北岡隆浩議員) 1問目で、外郭団体の役員の方はどういう方がおられるのかと、誰から誰にかわったのかということで伺ったのですが、具体的な氏名もこの議会で問われているのに、お答えいただけないというのはちょっと残念かなと思います。民間企業でも役員の氏名は公開されていますので、高槻市のそのご答弁というのは、ちょっとおかしいんではないかなと思います。
 現時点で、誰が外郭団体の役員や幹部になっているのか。その方は市職員OBなのかも含めて、市民にわかるような形で、高槻市のホームページなどで公開すべきではないかと思いますし、年収についても、平均や基準とか上限があれば、それについても公開すべきではないかと私は思いますので、その点、要望いたします。
 最後に、1点だけ質問させていただきます。
 こういった外郭団体の役員などへの市職員OBの登用等に関する人事は、誰がどのように決定しているんでしょうか。具体的にお答えください。
○政策財政部長(乾 博) ただいまのお尋ねの職員の人事配置等につきましては、それぞれの外郭団体等の中で人事制度全般を考慮されて決定されたことと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。


■平成27年 第3回定例会(第4日 7月15日)

○議長(灰垣和美) 次に、平成26年度高槻都市開発株式会社会計決算の提出について。
○(北岡隆浩議員) まず、2点伺います。
 1点目、高槻都市開発は駐輪事業やJR高槻駅前広場の管理業務など、複数の事業で収益を上げていますが、これらの事業について他社に委託等をしているのはどういった業務で、そのそれぞれに関してどれだけの委託料等を支払っているのでしょうか、詳細をお教えください。
 2点目、高槻都市開発から委託を受けた業者が、さらに別の業者に再委託しているケースはないんでしょうか。再委託している場合、それはどういった業務で、そのそれぞれに関してどれだけの委託料等を支払っているんでしょうか、詳細をお教えください。
 また、なぜ再委託が必要なのか、理由をお教えください。
○都市創造部長(梅本定雄) 質問の内容が他部局にまたがるため、調整の上、私のほうからご答弁いたします。
 1点目の各事業の他社への委託につきましては、JR高槻駅前広場の管理業務においては、警備関係、設備の保守関係、清掃関係、植栽関係について承認しています。また、前島熱利用センターの指定管理業務においては、警備関係について委託を承認いたしております。
 なお、いずれもその金額については関知しておりません。
 2点目の別の業者への再委託につきましては、いずれについても行っていない旨の報告を受けております。
 以上でございます。
○(北岡隆浩議員) 次に3点伺います。
 1点目、委託に係る金額をお答えいただけないというのは、決算報告の体を成していないとしか言いようがありません。委託することに承認しているのに金額を知らないというのはあり得ないはずです。改めてお聞きしますので、それぞれの金額と合計の金額をお答えください。
 2点目、いろいろな業務を他社に委託していますが、高槻都市開発が自社のみで行っている業務は何なのでしょうか。
 3点目、高槻市が委託している業務について、高槻都市開発が他社に再委託しているものを、高槻市が直接その他社に委託することはできないんでしょうか。できないのであれば、その理由をお教えください。
○都市創造部長(梅本定雄) 2問目につきましても、調整の上、ご答弁いたします。
 1点目の各事業の他社への委託につきましては、先ほどご答弁申し上げたとおりでございます。
 2点目の高槻都市開発株式会社が自社のみで行っている業務は、警備、設備保守、清掃、植栽に関する業務以外を実施されております。また、前島熱利用センターの指定管理業務につきましては、1問目でお答えした警備関係以外の業務を実施されております。
 3点目につきましては、JR高槻駅前広場の管理業務については、現在の形で高槻都市開発株式会社と委託契約を締結することが効率的であると考えております。また、前島熱利用センターにつきましては、指定管理業務の一環として指定管理者が行うべきと考えています。
 以上でございます。
○(北岡隆浩議員) 最後に5点伺います。
 1点目、JR高槻駅前広場の管理業務については、警備関係等について再委託すること。高槻市として承認しているということです。前島熱利用センターの指定管理業務の警備関係についても、やはり高槻市として他社に委託することを承認しているということです。この承認というのは、具体的にはどのような手続で行うのでしょうか。見積書や契約書は提出させないのでしょうか、お答えください。
 2点目、高槻市として高槻都市開発が他社に委託することを承認しているのに、委託料については関知していないということです。高槻都市開発に対する委託料や指定管理料の算定に当たっては、高槻都市開発が他社に対して支払う委託料は考慮してこなかったのでしょうか、お答えください。
 3点目、JR高槻駅前広場の管理業務については、現在の形で高槻都市開発と委託契約を締結することが効率的だということですが、再委託先に支払っている金額もわからないのに、なぜ効率的だと言えるのでしょうか、理由をお答えください。
 4点目、高槻都市開発の取締役は7人、監査役は2人ですが、このうち市職員やOBは何人いるんでしょうか。また、これらの役員は誰がどのようにして選んだんでしょうか、お答えください。
 5点目、ほかの外郭団体の決算書には支出が費目ごとに書かれているんですが、高槻都市開発株式会社事業報告書にはそれらが書かれていません。なぜなんでしょうか、理由をお答えください。
 事業報告書を読んでも支出の内訳が全くわからないし、議会で質問しても委託料をお答えいただけないんですが、なぜ支出の内訳を明らかにしないんでしょうか、理由をお答えください。
 以上です。
○都市創造部長(梅本定雄) 3問目につきましても、調整の上、私のほうからご答弁いたします。
 1点目の再委託の承認につきましては、再委託先を書面にて提出させ承認いたしております。
 2点目の高槻都市開発株式会社が他社へ委託する際の委託料については、関知しておりません。
 3点目のJR高槻駅前の管理業務につきましては、多岐にわたる業務を一括して発注することで効率化が図られているものでございます。
 4点目の取締役と監査役につきましては、8人が市役所OBで、いずれも株主総会にて選任されたものです。
 5点目の事業報告書につきましては、同社が責任を持って作成するものでございます。
 以上でございます。


■平成28年 第3回定例会(第3日 6月27日)

○議長(橋本紀子) 次に、平成27年度高槻都市開発株式会社会計決算の提出について。
○(北岡隆浩議員) まず、2点伺います。
 1点目、高槻都市開発は損保代理店業務も行っていて、平成27年度は1,143万円の代理店手数料収入があったということです。この収入のうち、高槻市や高槻市の外郭団体、厚生会など、高槻市職員の団体が関係するものはどれだけなのでしょうか。それぞれについて、件数と金額をお答えください。
 2点目、大阪府では、来月の7月から自転車保険の加入が義務化されます。高槻市でも、自転車を保有し活用していると思いますが、自転車保険についてはどのようになっているのでしょうか。ちゃんと保険に入っているのでしょうか。件数と金額はどれだけなんでしょうか。また、そのうち高槻都市開発を代理店として加入したものはどれだけなんでしょうか。件数と金額をお答えください。
 以上です。
○都市創造部長(梅本定雄) まず、1点目の代理店手数料等に関するお尋ねですが、高槻都市開発株式会社が締結しております保険契約件数等につきましては、把握いたしておりません。
 次に、2点目の自転車保険に関するお尋ねですが、高槻都市開発株式会社が締結している契約件数等については、把握いたしておりません。
 以上でございます。
○(北岡隆浩議員) 次、3点伺います。
 1点目、保険代理店は、みずからと人的または資本的に密接な関係を有する者を保険契約者または被保険者とする保険契約、これは、特定契約と呼ばれているそうですが、この特定契約の保険料の割合が一定の割合を超えてはいけないということになっています。この割合は特定契約率とか特定比率と呼ばれているそうです。
 高槻市との契約は、特定契約に該当すると考えられますが、高槻都市開発の特定契約の割合はどれだけなんでしょうか。保険代理店であれば、当然、この数字は把握しているはずです、お答えください。
 2点目、高槻市では、保険契約をする場合、入札や相見積もりをどれだけ行っているのでしょうか。それとも、高槻都市開発を代理店として契約をすることが多いのでしょうか。前者と後者の件数、金額をそれぞれお答えください。
 3点目、高槻市の保有する自転車は何台なんでしょうか。公務として自転車を使用する職員は何名いるのでしょうか。自転車保険はちゃんと入っているのでしょうか。自転車保険はどこの代理店を通じて契約しているのでしょうか。そのうち、高槻都市開発の割合はどれだけなんでしょうか、それぞれお答えください。
 以上です。
○都市創造部長(梅本定雄) 1点目の特定契約の割合につきましては、本市では把握いたしておりません。
 2点目の本市の保険契約の状況につきましては、本議案に係るご質問ではないことから、答弁は差し控えさせていただきます。
 また、高槻都市開発株式会社が締結しております保険契約件数等につきましては、1問目でもお答えいたしましたが、本市では把握いたしておりません。
 3点目の、本市の自転車保険の加入状況等につきましては、本議案に係るご質問ではないため、答弁は差し控えさせていただきます。
 また、高槻都市開発株式会社の自転車保険の契約件数等につきましては、把握いたしておりません。
 以上でございます。
○(北岡隆浩議員) 2点、次に伺います。
 1点目、特定契約の割合については、本市では把握していないということです。しかし、当然、高槻都市開発では把握しているはずです。高槻都市開発に特定契約の割合はどれだけなのか、教えてもらったらいいだけじゃないでしょうか。代表取締役は元副市長の山本政行さんですし、ほかの取締役も元管理者とか、元部長とか、ほとんど市のOBです。その方々に教えてもらったらいいんじゃないでしょうか。高槻都市開発で把握している平成27年度の特定契約の割合はどれだけなんでしょうか、お答えください。
 2点目、保険契約の件数や金額も、高槻都市開発が把握しているはずです。契約の相手方が、高槻市である契約の件数や金額は、平成27年度ではどれだけだったのでしょうか。高槻都市開発で把握している件数と金額をお答えください。また、そのうち、自転車保険はどれだけなのでしょうか。高槻都市開発で把握している件数と金額をお答えください。
 以上です。
○都市創造部長(梅本定雄) 3問目にお答えをいたします。
 高槻都市開発株式会社の決算内容につきまして、市として必要な情報は把握しておりますが、特定契約の割合、保険契約の件数等につきましては、1問目、2問目でもお答えしましたとおり、本市では特に必要がないことから把握いたしておりません。
 以上でございます。



↓人気ブログランキングに参加中!
人気ブログランキングへ
クリックに感謝!

-
posted by 北岡隆浩 at 20:37| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 高槻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック