2019年06月18日

【水道部庁舎建替え】無駄な土地を買うなら水道料金の引き下げを

川西南住宅跡地

今日は6月議会の初日。大阪北部地震からちょうど1年。議会の冒頭、黙とうを捧げました。先ほど新潟でも震度6強の地震が。被災地の皆さんのご無事を祈ります。

今日の本会議では、市長の施政方針や副市長等の選任、議案の説明等があり、私は即決議案の1つである平成30年度高槻市水道事業会計予算の繰越状況報告について質問をしました。

水道部は、庁舎敷地の隣地を買収し、庁舎を建替えるとしています。建替えた後は、現在の庁舎の敷地を、高槻警察署の建替え候補地とすると、市長は以前述べていました。

しかし、隣地の地権者の方が売却を固辞したため、買収のための予算である2億4500万円が執行できず、繰り越したというわけです。

また、高槻警察署の建替えについては、当初の水道部庁舎敷地ではなく、上の図の川西町二丁目の川西南住宅跡地を候補地として、大阪府に提案し直したというのです。

そうすると、隣地の買収は不要だと考えられます。しかし、水道部はそれでも買収を進めると・・・無駄な支出ではないでしょうか?2億4500万円も余るのであれば、その分、水道料金を安くすればと思うのですが。今日の議会では、無駄な支出をせず、市民の皆さんの負担を減らすよう要望しました。

ちなみに、高槻警察署の敷地については、高槻市は、下の図と説明のとおり、「中長期計画エリア」の一部として、将来的には城跡公園の一部とする計画です。

城跡公園中長期計画エリア.jpg

高槻警察署の管轄区域は高槻市と島本町。川西南住宅跡地に移転すれば、島本町から遠くなってしまいます。住民の安全安心のためにも、現在の場所付近がよいと思うのですが。

クラウドファンディングで資金を集めている大阪府三島救命救急センターの位置に関しては、職員の方によると、救急車の到着を考えれば、3市1町の中心付近にセンターは存在すべきであって、現在の場所より、もう少し茨木市寄りにすべきだということでした。三島救命救急センターこそ、川西南住宅跡地に建て替えるのに相応しいのではないでしょうか?

以下は今日のやり取りです。原稿とメモに基づいているので不正確な部分もあることをお許しください。

■報告第13号 平成30年度高槻市水道事業会計予算の繰越状況報告について

<1回目>
 資料によると、購入を計画していた水道部庁舎建替え予定地について、地権者及び関係部署との協議が進展しなかったために、固定資産購入事業の予算計上額3億0076万9000円のうち、2億4500万円を繰り越したということです。これについてまず4点伺います。

(1)水道部庁舎の建替え予定地については、合計でどれだけの面積とする計画なのでしょうか?平成30年度では、どれだけ買収ができたのでしょうか?買収ができていない土地の面積はどれだけなのでしょうか?それぞれお答えください。

(2)地権者との協議が進展しなかったということですが、具体的にはどういった理由で進まなかったのでしょうか?地権者の方は、土地を売る気はないともおっしゃっているとも聞きましたが事実でしょうか?お答えください。
 また、地権者の方が、土地を売らないという意志を貫かれた場合は、どうする予定なのでしょうか?別の建替え予定地を探すのでしょうか?お答えください。

(3)関係部署との協議も進展しなかったということです。どこと、どんな協議が進展しなかったのでしょうか?具体的にお答えください。

(4)本日の議会の冒頭で市長から報告がありましたが、原稿のとおり質問させていただきます。市長は、平成30年の3月議会で、大阪府に対して、高槻警察署の建替え候補地として、水道部庁舎の敷地を提案したとおっしゃっていました。水道部庁舎の建替え予定地が、計画通りに取得できなかった場合、大阪府に対して行った提案は、撤回されることになるのでしょうか?お答えください。
 また、大阪府のほうでは、高槻警察署の建替えに関して、どの程度検討が進んでいるのでしょうか?お答えください。

(答弁)
 まず、1点目の水道部庁舎の建て替え予定地についてですが、合計で約7,450uで、平成30年度に買収ができた土地はございません。
 次に、2点目の地権者との協議については、地権者の方が土地の売却を固辞されているというのは事実ですが、今後も土地の買収に向けて粘り強く地権者との交渉を行ってまいります。
 3点目の関係部署との協議についてですが、地権者の方に土地の買収についての同意が得られていないということでございますので、買収に係る事務が進展しませんでした。
 4点目の高槻警察署に関するご質問ですが、大阪府に対しては、現在、本市川西町二丁目の川西南住宅跡地を候補地として提案しており、大阪府の検討状況については把握しておりません

<2回目>

(1)お答えがなかったので、あらためておききします。2億4500万円を繰り越したということですが、購入を計画したものの、買収ができていない土地の面積はどれだけなのでしょうか?お答えください。

(2)地権者の方が土地の売却を固辞されているということですが、強制的にこの土地を購入することは可能なのでしょうか?お答えください。

(3)この土地が購入できない場合、水道部庁舎の建替えはどうするのでしょうか?高槻警察署の建替えについては、大阪府に対して、川西南住宅跡地を候補地として提案しているということですが、水道部庁舎は現地で建替えることになるのでしょうか?お答えください。

(4)大阪府に対しては、川西南住宅跡地を高槻警察署の建替え候補地として提案しているということですが、そうすると、水道部庁舎の跡地には高槻警察署は来ないということになります。水道部庁舎を現地で建替えることが可能なのであれば、2億4500万円の予算で隣地を買収する必要はないとも考えられるのですが、この点についてはどのように考えておられるのでしょうか?高槻警察署以外の公共施設が建てられたり、あるいは民間へ売却したりするということもありえるのでしょうか?具体的にお答えください。

(答弁)
 まず、1点目の土地の面積につきましては、約700uです。
 2点目につきましては、土地収用の制度はございますが、行う予定はありません。
 3点目につきましては、様々なケースを想定し、検討してまいります。
 4点目ですが、現状の土地に関わる利活用については、今後十分検討してまいります。

<3回目>

(1)現状の土地に関わる利活用については、今後十分検討するとのご答弁でした。ということは現時点では何も決まっていないということだと思います。当初は水道部庁舎の跡地に高槻警察署が来るということでしたが、そうではなくなりましたので、隣地の買収は不必要ではないのでしょうか?2億4500万円の予算は不要ではないのでしょうか?お答えください。
 もし必要なのであれば、その理由をお答えください。

(2)川西南住宅跡地を高槻警察署の建替え候補地として府に提案しているということですが、川西南住宅跡地に水道部の庁舎を建替えて、現在の水道部の庁舎の場所を高槻警察署の建替え候補地とすることはできないのでしょうか?お答えください。
 できないのであれば、その理由をお答えください。

 あとは意見です。
 土地の買収ができそうにないという事情があるためかもしれませんが、当初の計画とは違って、水道部庁舎の敷地は、高槻警察署の建替え候補地ではなくなったわけですから、水道部の新しい庁舎を、どこに、どういった形で建てるのか、一から検討すべきです。
 土地の利活用については、今後十分検討することになったということですけれども、その検討が終わってから、買収を考えるべきではないのでしょうか?土地の利活用も考えずに、2億4500万円も使おうというのは、おかしいですよね。
 地権者の方は土地の売却を固辞されていることですが、仮に土地を買収できるとしても、水道部の庁舎をそこに建てない場合には、水道部の予算で購入すべきではないと思います。予算も見直すべきです。
 2億4500万円を繰り越したということですけれども、それだけの支出が不必要なのであれば、水道料金を安くできるのではないのでしょうか?市民の皆さんの負担を減らすことができるのではないのでしょうか?
 無駄な支出をせず、市民の皆さんの負担を減らすようにしてください。要望しておきます。
 以上です。

(答弁)
 1点目について答弁します。高槻警察署の移転に限定するものではなく、敷地を整形地とすることで利用しやすくするという目的で、今後も買収を進めてまいります。
 2点目につきましては、警察署の早期の建て替えを実現いただくため、提案したもので、そのような考えはございません。




↓人気ブログランキングに参加中!
人気ブログランキングへ
クリックに感謝!

-
高槻ご意見番 代表 北岡隆浩(高槻市議会議員)
posted by 北岡隆浩 at 23:18| 大阪 ☀| Comment(0) | 高槻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。