2019年06月28日

【街かどデイハウス】4分の1が閉鎖。「ますます元気体操」をリニューアルするだけではなく、委託先の街かどデイハウスが立ちいくようにせよ。

masumasu.jpg

これも先日の本会議で質問したもの。「ますます元気体操」のDVDをリニューアルするというので、その委託先の一つである「街かどデイハウス」に関しても尋ねました。

「街かどデイハウス」については、昨年の9月議会でも取り上げました。高槻市は今年度から補助金をゼロにしたのですが、それでは経営が成り立たないので何とかならないかといった陳情を当時受けたからです。「街かどデイハウス」は、高槻市から「ますます元気体操」の委託を受け、参加人数等に基づいて委託料を受け取っているのですが、それだけでは立ちいかないということでした。

「街かどデイハウス」の事業者数は、昨年度13であったものが、今年度は10に。約4分の1が閉鎖されたわけです。陳情のとおりのことが現実になってしまったということでしょう。他の事業者の方も苦しい状態だとのこと。ただ、楽しみにやってくる利用者の方々のためにもう少し頑張ってみるということでした。

高槻市は、DVDのリニューアルについては、介護予防活動への参加促進や普及啓発のためだというのですが、市の委託先である「街かどデイハウス」は減少しているのです。事業者の皆さんの経営が成り立つようにしなければ、介護予防活動への参加促進等の効果は大きく薄れてしまうのではないでしょうか?

以下は議会でのやり取りです。原稿とメモに基づいているので不正確な部分もあることをお許しください。



■議案第80号 令和元年度高槻市介護保険特別会計補正予算(第2号)

 400万円で、ますます元気体操のDVDをリニューアルするとのことです。2点伺います。

(1)現在のDVDに関しては、時間が長すぎるという苦情も受けたのですが、どのようにリニューアルするのでしょうか?どのように内容が変わるのでしょうか?具体的にお答えください。

(2)ますます元気体操の実施については、老人福祉センターや街かどデイハウスに委託をしていますが、現在の委託の状況と委託料の算定については、それぞれどのようになっているのでしょうか?お答えください。
 また、DVDをリニューアルした場合、委託先は、指導内容を新しいDVDに合わせなければならないと思いますが、それについては市としてはどのように取り組むのでしょうか?お答えください。

【答弁】
 1点目についてですが、介護予防のさらなる普及啓発のため、高齢者の方がより気軽に取り組めるような内容にしていきたいと考えております。
 2点目の委託料についてですが、それぞれの利用形態に応じて算定しております。
また、新しいDVDが完成した際には、体操が円滑に行われるよう、指導・助言していきたいと考えております。

<2回目>

(1)DVDは、高齢者の方がより気軽に取り組めるような内容にリニューアルするということです。具体的には、どういった内容に変更されるのでしょうか?お答えください。

(2)委託先への委託料や、新しいDVDについての取組に関しては、具体的な答弁がありませんでした。
 委託料に関しては、街かどデイハウスに対しては、参加者数に応じたものであり、老人福祉センターには、利用人数にかかわらず、1000万円ほどということでよろしいでしょうか?お答えください。そうでないのであれば、どういったものなのか、具体的にお答えください。
 また、老人福祉センターと街かどデイハウス以外に委託料を支払って委託をしているケースもあるのでしょうか?あるのであれば、具体的にどういったところに対して、どのように算定した委託料を支払っているのか、お答えください。

(3)ますます元気体操の委託先である街かどデイハウスは、昨年は13か所ありましたが、現在は10か所しかないようです。なぜ、3か所減ったのでしょうか?理由をお答えください。
 また、街かどデイハウスが減ったことによって、ますます元気体操の参加者はどれだけ少なくなったのでしょうか?具体的にお答えください。

(4)先ほどの答弁では、DVDのリニューアルは、介護予防のさらなる普及啓発のためだということでした。資料には、介護予防活動への参加促進を図ると書かれています。街かどデイハウスは約4分の3になってしまったわけですけれども、今後は、どのように、普及啓発や参加促進を図るのでしょうか?具体的にお答えください。

【答弁】
 1点目についてですが、利用者からのご意見もお聴きしながら、より取り組みやすい内容にしていきたいと考えております。
 2点目についてですが、街かどデイハウスは参加人数等に基づいて、老人福祉センターについては指定管理料として支払っています。また、それ以外は、ございません。
 3点目の理由については、それぞれのNPO法人が、運営方針等を考えたうえで、判断されたものと認識しており、それに伴う人数の増減については、把握しておりません。
 4点目についてですが、ますます元気体操は、市内様々な所で自主的に行われていることから、引き続き、地域住民への活動支援や広報等を行って参ります。

<3回目>

 あとは意見です。
 街かどデイハウスは参加人数等に基づいて委託料を払っているということです。だとしたら、高槻市は、参加人数を把握していないとおかしいですよね。街かどデイハウスが減ったことで、その分、体操の参加者がどれだけ少なくなったのかも把握しているんじゃないでしょうか?なぜ答えられないのでしょうか?
 街かどデイハウスについては、昨年の9月議会でも取り上げました。事業者の方々は、市が補助金を廃止すると、ますます元気体操の委託料だけでは運営ができなくなると、陳情されましたけれども、まさに、それが現実になっているのではないのでしょうか。
 市が、ますます元気体操を委託しているのは、街かどデイハウスと老人福祉センターだけだということです。その街かどデイハウスが、やっていけなくなっているわけです。
 街かどデイハウスは要支援の方の受け皿にもなっていると、昨年の9月議会で、私は皆さんにお伝えしたつもりですが、現場へ見に行くと、支援が必要な方に、職員の方が寄り添って、手を取って、体操の指導をされていました。元気な人がますます元気になるためではなく、元気とはいえないような方も、街かどデイハウスでは体操に取り組まれているのだと思います。
 もし、市が、街かどデイハウスを存続させたいのであれば、そういうところも勘案して、委託料を増額すべきではないのでしょうか。DVDのリニューアルだけではなく、委託先が立ちいくようにするにはどうすればいいのか考えてください。要望しておきます。以上です。

【答弁要旨】
 我々は常日頃より市民から様々なご意見を頂戴しております。
 その中にあって、今回、北岡議員から、ますます元気体操に対する苦情として質疑いただいております。
 この件が、仮に、議員が苦情ととらえられるような内容ならば、何故、この時点まで我々にお話しいただけなかったのか。それを考えると残念でなりません。
 (「そうや」と発言する者あり。)
 いずれにいたしましても、我々は、これからも、市民のご意見を頂戴しながら、より良い市民サービスの提供に心がけてまいります。


部長の最後の発言には、他の議員も首を傾げていました。苦情をもっと早く言っていれば、DVDをすぐに作り直してくれたのでしょうか?私は、DVDをリニューアルするというので、この機会に苦情を述べただけなのですが。まともな答弁もしないのに、責任転嫁するようなことを言うのは行政としていかがなものでしょうか。街かどデイハウスの事業者の皆さんは、随分前に、経営が成り立たないと陳情されたのに、それには何故応えてくれなかったのでしょうか。それでよく「市民のご意見を頂戴しながら、より良い市民サービスの提供に心がけてまいります。」なんて言えたもんです。


↓人気ブログランキングに参加中!
人気ブログランキングへ
クリックに感謝!

-
高槻ご意見番 代表 北岡隆浩(高槻市議会議員)
posted by 北岡隆浩 at 23:21| 大阪 ☁| Comment(0) | 高槻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。