2005年08月15日

終戦記念日?終戦祈念日?

image/kitaoka-2005-08-15T21:03:28-1.jpg

新聞に載っていた厚生労働省による政府広報。
---------------------
本日(8月15日)は、「戦没者を追悼し平和を祈念する日」です。

 本日、日本武道館において、政府主催の「全国戦没者追悼式」が行われます。
 国民の皆様、それぞれの職場やご家庭などで戦没者に対し、正午から一分間の黙とうをお願いいたします。
---------------------

皆さん、黙とうを捧げました?

「記念日」というと、何かめでたい語感がしたのですが、辞書で調べると、「記念」とは「後々の思い出に残しておくこと」で、そういった悲喜の感情は意味に含まれていませんでした。ちなみに祈念は「(神仏などに)祈り念ずること」。黙とうは「無言のまま、心の中で祈祷すること」。

日本のために、故郷に残した愛する人々のために、戦い散った戦没者の方々。今の日本を見たら、どう思うだろうか。「我々は何のために戦ったのだろうか」と疑問を感じられるだろうか。それとも日本の経済的な繁栄を喜ばれるだろうか。そのあたりはまったく分からないですが、戦没者の方々の勇敢さを、私は見習いたいと思います。

日本では終戦記念日ですが、韓国では日本の植民地支配から「解放」された、ということで「光復節」、アメリカでは「対日戦勝記念日(VJ Day)」と言うそうです。

敗戦国ゆえに受け続けている様々な冤罪や屈辱も、私は忘れてはいけないと思います。いつかそれを国際的にも国内的にも晴らさなければ・・・

そういえば、今日の中国での反日活動はどうだったんでしょうね?
posted by 北岡隆浩 at 21:03| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック