2005年09月21日

高槻森林観光センター3

image/kitaoka-2005-09-21T22:15:34-2.jpg

こういったフィールドアスレチックもあり、少年達が楽しそうに遊んでいました(うちの子達はまだ小さいのでちょこっと登るのがやっとでした)。

こんなのを見ると、子どもの頃親に買ってもらって鬼のように遊んだ「アスレチックランドゲーム」を思い出します。「♪時間が迫〜る、気は焦〜る、こんなはずでは、なかったのに!」というCMを昔テレビでしていましたが、今でもまだ売ってるんでしょうか(笑)。

image/kitaoka-2005-09-21T22:15:34-1.jpg

この滑車のターザンロープみたいなのですが、向こう側まで着くと、振り子のように体が跳ね上がり、その反動で道のりの半分くらいまで戻ってくるという、とてもワイルドなものでした。私も娘を抱っこしてチャレンジ!ちょっとドキドキしました。

image/kitaoka-2005-09-21T22:15:34-4.jpg

池に鯉がいるのですが、餌を与えられすぎなのか、餌を投げ入れても食いついてくれません。余った餌がもったいなかったので売店に返しに行くと、何と餌代の100円を返してくれました。売店の人もとても親切です。

blogranking.gifクリックに感謝!
posted by 北岡隆浩 at 22:15| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 高槻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック